Shopkick

Shopkickというアプリを紹介されて数ヶ月使っています。このアプリ、簡単に言うと買い物アプリ。自分がいるところの近所にある提携店が一覧できてその店のアプリ用広告を見ることができます。

広告を見るためだけならこんなアプリ使いません。広告なんて興味があれば自分で検索できるし、提携店全てが私が好んで行く店ではないからです。ではなぜこのアプリを使っているかというと、ポイントをためると商品券と交換できるからです。ポイントを貯める方法は三つ。店に入る、店の広告を見る、商品のバーコードをスキャンするです。提携店に入ったらアプリをケータイで起動します。そうするとおそらくwifiかセンサーか何かで店に足を踏み入れたのが察知されます。そうするとポイント加算。それから広告を閲覧するとポイント加算。アプリ内で紹介されている商品のバーコードをスキャンするとまたポイント加算。今までに累計9000ポイントぐらいため、30ドルほどの商品券と交換しました。一見手間がかかりそうな作業ですが、どうせその店で買い物するのだからポイントをためてお小遣い稼ぎをしようではないかと思って続けています。

アプリを立ち上げたのはおそらく提携店もしく商品開発をする人達だと思います。店が客に足を運んでもらおう、バーコードをスキャンすることで新商品を手にとってもらって興味を持ってもらおうというのが目的だと思います。新しいマーケティング戦略の一つなのでしょう。成功していると思います。

夢って不思議で面白いものです。先日レディーガガの家に行く夢を見ました。そしてガガが飼っている、いも虫のエサにされそうになり、慌てて逃げてきました。この夢には一体どういう意味があって、私の心理はどうなってしまっているのだろう?と起きたときに思いました。他にも何回も同じ夢を見ることがあったり、夢だと分かっているのに起きることができなかったり、突拍子もない夢だったり、絶対起こるはずのないことを体験できたり、とても面白いです。どうして夢によってはすぐに忘れてしまうのだろうとも思います。

まだ小さい我が子に夢を説明するのが難しいことに先日気がつきました。絶対見ているだろうと思いますが、それを説明するのって難しいです。どうして見るのか分からないし、他人の夢の内容は分からないので向こうから「こういうことが起こったんだけど、あれは何?」と聞かれない限り説明ができないことが分かりました。

小学生くらいのとき友人が夢占いの本を持っていてこれが出てきたらこういう願望がある、これが起きたらこういう心理状態等色々書いてありました。今でも面白そうだなと思いますが夢占いに左右されたくないので調べようとか深入りしようとは思いません。

今までに見た夢で一番くだらなかったもの。夢の中で朝出かける準備をしてドアを開けて出た夢。夢の中だけど自分の頭の中では出かける準備をもうすでに一回したので「またやり直し?!」と思ってがっかりしたのを覚えています。

返品

アメリカの生活に慣れる前に驚いたこと。お店の返品ポリシー。アメリカ人って返品をかなりします。理由はただ単に気に入らなかったから、少し使っただけで壊れたから等深刻ではありません。

友人から聞いた話で驚いたのはある人が旅行に行くのにスーツケースを購入した。でも普段よく使うわけではないし、その旅行のためだけに購入するのもなんだかもったいない。そのため旅行後そのスーツケースを返品できるようにタグを取らずなるべくキレイに使って旅行から帰ってきたら返品を試みた。店側はあっさり返品を承諾。なんだか店じゃなくてレンタルみたいだな、信じられないなと思ったのを覚えています。

販売で仕事をしていたとき、明らかに何回も履いただろうという靴を返す客とかよくいました。よく恥ずかしくないなと思いますが、店側からするとそういう返品でも受け入れなければいけません。そうしないとその客がおそらく文句を言い、結局返品を承諾することになるからです。

私も今ではその返品ポリシーにすっかり慣れてしまい、何か買うのを迷ったときはとりあえず購入して家に帰って気に入らなかったら返せばいいや、という適当主義になってしまいました。洋服を買うとき等今は子供がいてゆっくり試着することもできないので、とりあえず見た目でサイズやデザインを判断し家に帰ってゆっくり着てみて改めてキープするか返すか決めることが出来るので助かります。この適当主義に慣れてしまうと日本に帰って買い物をするときに困ります。

田舎道

私は田舎に住んでいます。あまりに田舎過ぎて隣の家まで歩いて行けません。見えることは見えますが、相当遠く歩くと10分はかかると思います。

今のところに引っ越してきて最初に困ったこと。運転するのはいいけど、道が全部同じに見えてどこで曲がるのかが分からない。日本から家族が遊びに来ると「よくどこで曲がるかが分かるわね」とよく言われます。今でこそ慣れましたがその感覚をつかむまでに時間がかかりました。道の名前とか覚えてないし分かりません。ただ毎日走る景色を覚えてこれが見えたら曲がるんだ、3番目を右に曲がるんだという感じです。だから住所を言われてももちろん分かりません。私はもともと地理が苦手で方角とかパっと理解できないので新たな場所へ行くときはGPSが必需品です。

ダンナはこの地で生まれ育ったので裏道とかまでよく知ってます。でも道の名前は3分の2ぐらいしか覚えていません。それで成り立つんだからすごいと思います。

感覚で運転して困ることは昼間の景色だけを覚えていると夜暗くなったときに全然景色が違ってこれまた分からなくなること。田舎道は街灯もなくとても暗いです。なので車のライトだけで景色を認識しなければいけないので曲がるはずの道を気づかずに通り過ぎてしまうこともしばしばあります。

田舎道の唯一の利点は走ってる車が少ないこと。だから迷って多少ちんたらしていても誰にも迷惑かけません。道のど真ん中でUターンをしたこともよくあります。

カントリー音楽

ダンナと車に乗ると、どのラジオ局の音楽を聞くかでたいていケンカになります。ダンナはもっぱらカントリー音楽、私はポップが好きだからです。結婚する前はダンナもポップとか聞いていたのに、いつからか好まなくなりました。カントリーももともと好きで今ではそれしか聞きません。

カントリーは私はあまり好きじゃありません。今ではだいぶ慣れたものの、全部同じに聞こえるし馴染みがないというか聞いてて面白くありません。でもアメリカではカントリーって結構人気です。カントリーの音楽フェスみたいなものもあるし、オーディション番組にもよくカントリーで勝負する人を見かけます。

ダンナに言わせるとポップこそ内容が乱れたものが多いし、全部同じに聞こえるらしいです。確かに内容に関しては同感です。リズムや響きがいいと思っても内容に注目すると下品だったり、乱れていたり。子供の教育にも良くないので私も子供が一緒のときはポップはあまり聞かなくなりました。普通のラブソングならいいのですが、浮気をしただの、もう別れるだのそういう音楽は聞いてて疲れます。だから私は自分の日本のCDとかクラシックを主に聞くようになりました。子供がいるときは日本語の勉強のためにも童謡CD等。

年を取るってこういうことにも影響するんだなと思いました。昔はノリが良ければどんな内容だろうと好んで聞いていたのに、今では音楽を聞いて不愉快になったり疲れます。数年後にはカントリーを好んでいるかもしれません。

大雪

日曜日(3日前)から雪が降り始めました。日曜日は喉と頭が痛く家から出ませんでした。その後ときどき雪がやむものの、基本的に振り続けるありさま。水曜現在その雪がやむ気配は全くなくいつまでもしんしんと降っています。学校もあちこちで閉鎖になっています。月曜はどこも通常授業でしたがうちの近所は火、水そして明日の木曜も閉鎖になったとさっきニュースで聞きました。

外を見るとキレイです。でも家にいられるからそう思うのであってこの雪の中出かけなければいけなかったらかなり憂鬱だと思います。実際外の雪かきをしに今日数回外へ出ましたが手袋と長靴を履いていても手と足がガチガチに冷え、ちょっと外にいただけなのに体に雪が積もる・・・。そして数時間後にまた雪かきをしに外へ出るとさっきした雪かきがまるでしなかったかのようにその後降った雪に埋もれている・・・。それだけで鬱になりました。もういいよ雪。分かったよ、あんたの力はすごいよ、だからやんでくれよ、と思いました。郵便受けまで数十歩歩いて行く気もしません。

去年の冬はまだ仕事をしていたため、どんなに大雪だろうと出かけざるをえませんでした。販売なので店が雪で休みになることもなく、どんなに憂鬱だろうと出かけました。私が出かける時間は朝早いためいつも真っ暗でした。ある日大雪の中頑張って運転すると途中でどこが道なのか分からなくなり、気づいたら道から外れてちょっとした斜面に入り、動かなくなったことがあります。

今年はそれをしなくていいので安心です。

わがまま女・続編

以前紹介した留学時代の友人の一人「わがまま女」。彼女が東京へ戻ってきたところまで書きました。そして妊娠が発覚。つい先日彼女が女の子を無事出産した旨がフェースブックでアップされました。その記事にはお祝いのコメントが殺到。私もそういうめでたいイベントにはちゃんとコメントを書くようにしています。しかしその出産報告以来、その後の状況が全くアップされなくなりました。

そして数日前。久々に彼女が記事をアップしたと思ったらその内容は「マタニティブルーになっていて、赤ちゃんの顔を見ても涙が出るばかり・・・・」的な内容。その記事を読んでまず思ったこと。「また勝手なこと言ってる、弱い子だ」です。薄情と思われるかもしれません。でも親になったからには芯が強くないとダメなんです。東京に戻ってきたんだから、実家を訪ねればいいじゃないか、友人に意見を求めればいいんじゃないか。結局自分のプライドが高くて弱音を吐けず我慢して我慢して煮詰まってしまいにグチる場がフェースブック。一見強そうな態度ですが、私からすれば究極の弱者だと思います。私はそのマタニティブルーの記事に「助けを求めるのも大事。育児は経験することでノウハウが分かっていくもの」とコメントしました。私ももちろん完璧ではありません。弱くなることもあります。だからってためこみません。助けを求めないで解決できなくなることの方が重症だと思うからです。

冷たく思われるかもしれませんが、赤ちゃんのためにも彼女にはもっと強くなって欲しいです。

Magic Mike

Magic Mikeを観ました。大好きなチャニング・テイタムが出ているためずっと観たかった作品でした。Netflixでもずっと長い待ちでした。その待ちがやっと終わってようやく届いたので早速観ました。結果・・・失望。期待しすぎたのもあります。日本で公開されたのかどうか分かりません。

ストーリーは会社を始めたい主人公が男性ストリッパーをやってお金を稼ぐうちに色々トラブルが生じていく話。主人公は昼間は建設現場でバイトをしていてそこで出会った友人をストリッパーに育てていきます。しかしその友人はどんどん麻薬、酒、セックスに洗脳されその友人をかばうため主人公が今まで数年かけて稼いだお金を麻薬ディーラーに払い、全て失います。最後はストリップ公演を投げ出し、思いを寄せていたかばった友人の姉のところへ行って足を洗っただろう・・・と思わせるエンディングです。

友人がこの映画について「人生を無駄にした2時間」と言っていましたが、チャニングが観れたこと意外同感です。チャニングは主演と共にこの作品の監督もしています。ちょっとがっかりしました。ストーリー内容が乏しいし、ストリップ公演は華やかなものの、年齢と戦うストリッパー達、麻薬、酒、セックスと扱う内容が暗いです。でもチャニングのダンスはやはりすごいです。全部自分で演じたそうです。マシュー・マコノヘーも出ています。私は彼が大嫌いです。だから彼のストリップシーンは白々しく観ました。

Bourne Legacy

Bourne Legacyを観ました。これは結構良かったです。Bourne Identityシリーズは全部観ていたのでマッド・デイモンが出ていなくてどういうストーリーなんだろうと思っていました。正直Bourneの名前は使わなくてもいいと思いましたが、同じ系列?で働いている主人公がトラブルに巻き込まれていくという点で一応つながっているみたいです、マッド・デイモンは写真だけ出演します。きっとそれだけでもかなりの出演料がもらえるんだろうなと余計なことを考えてしまいました。

主人公は最近よく見かけるジェレミー・レナー。この作品でも強いマッチョを演じています。ストーリーは有名製薬会社の幹部とCIAだかなんだかの組織の幹部がつながっていることを隠蔽するためエージェント達が次々に殺されていくという話。エージェント達は幹部からステロイドと頭が冴える麻薬を投与されていて主人公もその薬に頼っていました。しかしその薬を作っている製薬会社の研究室が会社内暗殺され唯一生き残った研究者の女の人と主人公が逃げます。

どのシーンも迫力とスピード感があって良かったです。最後に秘密手段で生き残っていたアジア系エージェントに追われるシーンはハラハラさせられます。最後はフィリピンから出る漁船に乗って二人は姿をくらまします。

こういう映画を観るとCIAとかFBIとかの秘密スパイや、殺し屋って本当に日常に紛れ込んでいるのかなと考えさせられます。

Scorpion King 3

Scorpion King 3を観ました。オリジナルはザ・ロックが主演の有名作品です。しかしこの作品に彼は出ていません。正直なんで3なんて作ってしまったのだろう・・・と思うクオリティでした。

まずストーリーがしっかりしていない。そして有名な俳優が誰もいない。全てが安上がり的な映画でした。ダンナも「これは二流映画だな~お金かかってないな~」と途中でボヤいていました。砂漠が舞台で主人公がさらわれたお姫様を取り戻して国に連れて返します。途中で忍者が出てくるシーンが多々あります。でもその戦闘シーンもメリハリがないというか、あるシーンの悪者の動きを見ていたら子供の格闘ごっこにしか見えずつい笑ってしまいました。手を前後させてパンチパンチとしているだけだからです。他にも悪者をちやほやする娼婦達の笑い方等、あちこちで気に障るシーンがありました。唯一感動したこと言えば、お姫様をさらった悪者がタイタニックの悪者の人(名前分かりません)なのですが、彼が全然変わっていないこと。10年以上経ったはずなのに全く同じです。そして相変わらず憎たらしいです。彼は悪者を演じるのが上手なのでしょう。悪者しかやらせてもらえないなんてかわそうだな、とふと思ってしまいました。

忍者を登場させたり微妙にアジアを取り入れていますが、日本人の私からすればツッコミを入れたくなるようなシーンばかりでした。せっかくのScorpion King評判が悪くなる逆効果の作品です。