Pinterest

日本でもPinterestが流行っているみたいですが、私もやっています。初めて聞いたのは去年の頭ぐらいでしょうか、義姉がしきりに薦めるので私も興味本位で始めました。会員制なので誰かから招待してもらわないと始めることができません。義姉が忘れてばかりでなかなか招待してくれないので別の友人に招待してもらい、始めました。

最初はパソコンで始めてノウハウが分からずいまいち使いこなすことができませんでした。みんな何が面白いのだろうと横目で見て、たまにチェックするのみ。その後スマホでケータイでできるようになって全てが変わりました。今でもそこまで頻繁にチェックしませんが、暇つぶしにレシピを検索したりします。

このPinterest、私の中のイメージはポストイットをピンでとめておくコルク板。PinterestのPinはそこから来ています。ネットで情報検索をして何かいいアイディアを見つけたらとりあえずピンしておく。そうすることで後からその情報が必要になったときにどこにあるかも分からない、覚えていないそのページを探すのでなく、自分のページに行けば過去にピンしておいた記事が全部集まっている、という内容です。雑誌を読んで気になる記事やレシピを見つけたらすぐ使うわけではないけど、とりあえず切り抜いておく、それと一緒です。

自分のページ内はカテゴリーを作ることができ、例えばレシピのページ、写真のページ、ファッションのページ等自分で好きなカテゴリーを設定することができます。画期的なアイディアだと思います。

レモン水

フード・インクを見るきっかけになったのは友人から教えられたあるfacebookのファンページ。加工食品ではなくオーガニックのものや新鮮な野菜や果物を食べて健康になろう、という意思のページです。このページに書かれる記事を読むことでさらに食べ物の勉強になるのですが、そこで紹介されていたある習慣を私もやり始めました。レモン水を飲むことです。ファンページの著者は毎朝欠かさずやっているとのこと。もう5年以上もこの習慣を続けているとのこと。

内容は朝起きて1番に空っぽのおなかで温かいレモン水を飲むというだけ。彼女はお湯と常温の水半々使い、約15オンスの水にオーガニックのレモン半分をしぼりCAYAN PEPPERというスパイスを少しふりかけて飲む。その後さらに8オンスほど水を飲み、10分ほど経ったら食べ物を食べていいとのこと。この習慣の効果はというと、第一に腎臓がデトックスされる。眠りから覚めて空っぽの腎臓にレモンの酸味を与えることで何かが触発され(詳しい成分は忘れました・・・)デトックスされるらしいです。また温かい水を飲むことでメタボが改善され、一日を始めるのにいい刺激になる。他にも美肌、病気になりにくくなる、元気が出るそうです。

私は始めて3日になります。今のところこれといって変化は見られませんが、比較的簡単にできるのでなるべく続けたいと思います。ちなみにダンナにも一日与えましたが彼は即断念していました。酸味が苦手みたいです。

義父とネット

いつの間にか義父がipadを購入していました。ケータイは一応スマホなものの、使い勝手が分からないらしく、ニュースや天気、メールをチェックする程度でネットに関してはほとんど使っていません。

そんなある日ipadの横にこんな本を発見。「初心者のためのFacebook」。正直かわいい~!と思ってしまいました。義父もパソコンに慣れない世代です。何事も本を読んで習得したいのでしょう。私は分からないことがあったら手探りで操作して学んでいきますが、義父はどこから始めればいいのかも検討がつかないのだと思います。私の母もきっとそうだと思います。その本の中身は読みませんでしたが、思わず微笑んでしまいました。義父のFacebookページは見たことがありませんが、ちょっと興味があります。他にも義姉に常にアプリをダウンロードしてもらったり、アドバイスしてもらったりとてもかわいらしいのです。

そしてその便利さに感激し慣れてしまったらしく、今では何かとネットで調べています。先日もカーレースで大きな事故があったと聞き、早速映像を検索。何か気になることがあるととりあえず検索。最近ではダンナ実体験のアドバイスよりも「ネットにはこう書いてあった・・・」とネットを信用するばかり。それもすこし危険だなと思いますが、そういう私も何か分からないことがあるとネットで検索して他の人がどう思っているのかをチェックするのでどこまでネットを信用するか判断するのが大事だと思いました。

食料選び

前回の続きです。映画フード・インクを観て、いかにスーパーで売られている食料が体に良くないか分かりました。ほとんどのものに化学薬品や遺伝子組み換え物質が入っています。映画でも最後に「せめて内容ラベルを見て買う判断をして欲しい」と述べられています。それを機に私もラベルを少し意識するようになりました。薬品の名前を勉強する必要はありません。自分が料理するにあたって使わないもの=食べないほうがいいと判断すればいいからです。ラベルを見てびっくり。どの商品もどう発音すればいいか分からないものだらけです。例えばピーナッツバターのラベルを見るとXantham Gumというものが入っています。ガムではありません。何だか分かりません。何か薬品ぽいです。だから買わないほうがいい。

映画である家族が紹介されていました。お父さんが糖尿病で薬を飲まなければいけないとのこと。収入は最低限。健康に食べることを選ぶか、薬を選ぶか。薬を選ばなければいけないので食生活は安くすませなければいけない。安い食生活=不健康な質のない食べ物=さらに体が悪くなる、のサイクルから逃げられないと言っていました。確かに食べ物の値段を比べてみるとマックに行けばハンバーガーが1ドルで買うことができるのにブロッコリーやレタスは一個1ドル以上。健康に食べたくても安くておなかがいっぱいになるものを選ぶとしたらハンバーガーになります。

健康に食べる方がお金がかかるなんてなんて皮肉なのでしょう。

Food Inc. (フード・インク)

Food Inc.(フード・インク)という映画を観ました。2008年の作品です。食べ物に関するドキュメンタリー映画です。ひょんなことからこのDVDを借りることにしたのですが、内容はかなり衝撃的でした。

レポーターはアメリカの食べ物に関するシステムに疑問を抱き、色々検証していきます。その過程で衝撃の事実が色々浮上していきます。まずアメリカの肉事情。鶏も豚も牛も大手の肉会社にコントロールされています。それぞれの肉は細菌に打ち勝つために多大の抗生物質を投与されています。鶏の場合30年前と比べると大きさは2倍、現在主流の養鶏場で育てられている鶏は産まれてから外の光を見ることのないまま暗闇で育てられ歩き回るスペースもないまま密集されて処理されます。その処理過程のベルトコンベアーは吐き気がしました。肉が衝撃で粉々になり、色んな液を通って加工されていきます。

この作品を支持するために勇気を出してコメントした農家や農場は全て後になんらかの圧力をかけられ支援が切られたり、顧客リストから外されたそうです。ある農夫は正義を通すために大手会社相手に裁判する羽目になり、その費用が払えなくなったためなくなく会社を和解をしました。

他にも政府において食べ物に関わる役職の人たちがもともとは大手食料会社の取締役だったり、いかに食糧事情が見えないところでコントロールされているかを見せつけられました。そういう社会の中、賢い食べ物の選択をしなければいけないなと実感しました。

仕事の基準

私がもともと働いていた販売店は業界の中で結構評判のいい会社です。福祉にも活発に携わり、販売商品の質と種類、店の清潔感等様々な面から支持されています。従業員もそうです。この会社で働いた経験があると一目置かれたり、ましてや社員や準社員等マネージメントに携わっていた場合、とても高く評価されます。なんせ従業員教育が他と比べるとちゃんとしているし、この店で働くにはある程度の質が要求されるからです。

どうしてそれが証明できるかというと私がもともと一緒に働いていた仲間のその後の職歴を見ると一目瞭然だからです。
たとえば社員をやっていたAさん、転職をしたら別の販売店でいきなり店長に抜擢。店長をやっていたBさん、別の店ですんなり社員入り。店長をやっていたCさん、他の店でやはり店長に抜擢、自分が気に入ってた社員数人を一緒に連れて集団異動。

これだけではありません。この店で成績が悪くてクビになった人のその後の職歴を見ても証明できます。出来が悪くてクビになったDさんとEさん、飲食業で店長に抜擢。学業のため引っ越すことにしたFさん、次のアルバイト先で見事社員に抜擢。

これらのように、いかにこの販売店で働いていた経験が高く支持されるかがよく分かります。私もこの店で約8年働き、そのうちの6年は準社員をやっていました。レジュメにしたらかなり魅力的なレジュメができると思います。他でどれほど支持されるか興味ありますが、今は仕事に戻る気はさらさらありません。

Bed Bug

Bed Bugという虫が最近話題になっています。英和辞書で検索したものの日本語では出てきませんでした。いわゆるダニの一つだと思います。このBed Bug数年前に大量発生し、ホテルで見つかったり、家でみつかったり大きな騒ぎになったみたいです。そのため駆除が大々的に行われました。そしてしばらくは「昔は大問題だったものの、今はいない」というステータスを持っていた虫です。しかしここ最近になってこんなとこでみつかった、今度はここでみつかった、というようなニュースがちらほら耳に入るようになりました。

そして約1週間前、家から40分ほどのところにある図書館の本からその虫が検出されたというニュースが流れ、大騒ぎになりました。その図書館は即閉鎖され虫の駆除が緊急で行われました。ニュースによると図書館を利用する人々が借りた本を寝室に持っていき、人が眠っている間に寝室にいる虫が本の中に入り込むということでした。それを聞いた途端・・・「気持ち悪いー!!!」と思いました。そして恐いものみたさにその虫をちょっと検索してみました。見るとやはりダニのようで、目で見ることのできる大きさのようです。人間の血を吸い、吸われた箇所はぶつっと湿疹のようにふくらみます。

図書館の本から検出されたことも問題ですが、もともとは誰かの家から来たものであって、そうなると誰の家でも発見される可能性があるわけでとても恐くなりました。私は虫が大嫌いなので我が家に発祥されないことを祈っています。

Man on Fire (マイ・ボディーガード)

Man on Fire (マイ・ボディーガード)をDVDで見ました。ずっと気になっていた作品の一つだったのですが、なかなか機会がなくて今回初めて見ました。2004年の作品なので約10年前の作品になります。その古さはダコタ・ファニングの若さで分かります。

ストーリーは本当にあった話に基づいたもので組織がらみの誘拐がメキシコでたくさん起こっていたときの様子が描かれています。「ザ・ボイス」というあだ名のボスのもとで多数の人間がグループに分かれて金持ちの子供を誘拐し、身代金を多額請求します。今はどうか分かりませんが、その当時は60分に一人が誘拐され、誘拐されたうちの70%が帰ってこないという統計があったみたいです。

主人公のデンゼル・ワシントンはひょんなことからある富豪の娘ダコタ・ファニングのボディーガードを引き受けることになり、二人は仲良くなっていきます。デンゼルは始めは心を閉ざしているものの、ダコタと時間を過ごすことで次第に心を開いていきます。そんなある日、ダコタが誘拐され、デンゼルは数発打たれ重傷を負います。デンゼルが治療中にダコタの身代金の交渉が繰り広げられていきます。

結局警察もこの誘拐に関わっており、ボスとの交渉を仕切っていた捜査官が1番の悪役、富豪の弁護士も悪役、しまいにはこの誘拐を仕掛けたのがダコタの父親だったというなんともぐちゃぐちゃなストーリーが展開されていきます。子供を持つ身として誘拐を痛々しく思いながら見ました。

ダイ・ハード

新しいダイ・ハードを見てきました。予告とか宣伝があまりないままいきなり公開された気がします。日本でもすでに上映されているみたいですね。

私はもともとブルース・ウィリスが好きなのでたとえストーリーがつまらなくても観るのは確実でした。ダイ・ハードシリーズも好きです。今回のダイ・ハードは主人公のジョンの息子が登場し、ジョンと息子が悪と戦っていきます。ジョンに子供がいる設定が全作品で紹介されていたかは覚えていませんが、なかなかいいストーリーでした。全作はジャスティン・ロングが出ていてアクションに迫力があったものの、ストーリーはそこまで冴えなかったのを覚えています。それと比べると今回のはアクションはまあまあで、ストーリーにもっとひねりがある感じでした。

ジョンの息子はお父さんに反抗して行方不明になり、ロシアで問題を起こしているという情報をジョンが聞き入れて連れに戻すところから始まります。ところが息子は問題を起こしていると見せかけて実はCIAでスパイをやっていました。そこに何も知らないジョンが加わり、スパイ計画がぐちゃぐちゃになります。ロシアの悪者達も犠牲者を演じていた側が最後に裏を返し、本当の悪者になります。

ひねりあり、人情あり、人間がヘリコプターのプロペラに巻き込まれてぐちゃぐちゃになって死ぬような残虐なシーンがある見所満載の作品です。ブルース・ウィリスも頑張ってます。一回観れば気が済みますが、なかなかオススメです。

マッサージ

販売で仕事をしていたときの部下の一人がマッサージの兼業をしています。

私はマッサージが好きなのですが、たいていグルーポンでみつけた半額のマッサージサービスを購入するので友人である彼女にマッサージをしてもらったことはありませんでした。友人なのに他のところでマッサージしてもらって悪いな~と変な気を使いつつ数年が過ぎました。しかし以前紹介したラジオ体操+骨盤運動で体中が筋肉痛。僧帽筋と後背筋の運動もあるので背中もじんじん痛い日々が続きだらしないな~と思いつつこれは彼女にマッサージをやってもらういい機会だと思い連絡しました。友人がマッサージ師をやってるといい利点の一つ。気軽に予約が入れられる。彼女はそこまで人気があるわけではないのでたとえ前日に連絡しても間に合います。他だと最低1週間前には予約を入れないといけないのでそこは助かります。

友人に体中見られるのが少し恥ずかしいと思いつつ、これはあくまでもビジネスなのだからと割り切ってマッサージをしてもらいました。私はたいていマッサージをしてもらうと寝てしまうのですが、彼女に会うのも久しぶりだったため60分ずーっと話していました。そのせいかいつもよりリラックス効果が感じられませんでした・・・。でもちょうどいい圧力で上手なマッサージだったと思います。クーポンがないとマッサージは結構高いのですが、彼女をサポートするためにも今後また彼女にマッサージしてもらおうと思います。