マッサージ

販売で仕事をしていたときの部下の一人がマッサージの兼業をしています。

私はマッサージが好きなのですが、たいていグルーポンでみつけた半額のマッサージサービスを購入するので友人である彼女にマッサージをしてもらったことはありませんでした。友人なのに他のところでマッサージしてもらって悪いな~と変な気を使いつつ数年が過ぎました。しかし以前紹介したラジオ体操+骨盤運動で体中が筋肉痛。僧帽筋と後背筋の運動もあるので背中もじんじん痛い日々が続きだらしないな~と思いつつこれは彼女にマッサージをやってもらういい機会だと思い連絡しました。友人がマッサージ師をやってるといい利点の一つ。気軽に予約が入れられる。彼女はそこまで人気があるわけではないのでたとえ前日に連絡しても間に合います。他だと最低1週間前には予約を入れないといけないのでそこは助かります。

友人に体中見られるのが少し恥ずかしいと思いつつ、これはあくまでもビジネスなのだからと割り切ってマッサージをしてもらいました。私はたいていマッサージをしてもらうと寝てしまうのですが、彼女に会うのも久しぶりだったため60分ずーっと話していました。そのせいかいつもよりリラックス効果が感じられませんでした・・・。でもちょうどいい圧力で上手なマッサージだったと思います。クーポンがないとマッサージは結構高いのですが、彼女をサポートするためにも今後また彼女にマッサージしてもらおうと思います。

クレーマー再び

以前、受けたサービスに腹が立ってクレームをつけたと書きました。その後クレーマーは続きます。私が好きな店の一つOLD NAVYにて。クリスマス前にレジで最悪の対応を受け、お客様センターみたいな番号に電話をかけクレームをつけました。そのお詫びに10ドルの商品券が送られてきました。買い物に行ったら欲しいものがあったのでその商品券を使うことにしました。するとレジで新人っぽいお姉ちゃんが「この商品券残額がないわよ」と言ってレジ操作できずじまい。私も裏の注意書きをちゃんと読んでいなかったのでもしかしたら何か規制があるのかもと思い、その場はすごすごと帰ってきました。しかし帰って商品券を読み返すとなんだかレジ操作に特別な手順がある様子です。というのも私は長年販売の仕事をやっていたのである程度の操作はできます。その注意書きは店員用に書かれ「この商品券はこのボタンを押してこれを選ばないと通らない」のような内容が書かれていました。

それを知って次回その注意書きを見せると問題なく商品券が使えました。しかしまたもトラブル発生。家に帰って買った商品を見ると防犯のブザーがつけっぱなしです!しかも2着。後日それを取ってもらいに店に戻ったら今度は5ドルのお詫び券をもらいました。そしてその5ドルのお詫び券を別のクーポンと使おうとしたら併用はできないとのこと。お詫び券はお金と同じ扱いのはずだと訴えましたがもともとクレームをつけたわからずやのレジだったので諦めました。

あのOLD NAVYの店舗にはこりごりしています。

ラジオ体操

先日母が送ってくれた荷物の中に「大人のラジオ体操」というDVD付の本が入っていました。今流行ってるんだよ、とのことでした。どれくらい前にどれほど流行ったのか調べていないので分かりませんが、本を読んでみるとお馴染みのラジオ体操が実は万能な体操であらゆる部位に効果があるとのことでした。しかもラジオ体操は誰でも知っているからすぐに実行できる、全ての体操が3分強というお手軽な体操なのでちょっとした休み時間にすることができるということでした。

読み進めるとラジオ体操が作られた背景が紹介され、各運動が体のどの部位に聞くのか、どういう効果があるのかが一つずつ紹介されていました。ラジオ体操はもともとラジオで始められたもので見本がなく耳で聞いて実演したので昔から適当にしてしまう習慣があったみたいです。しかしちゃんとターゲットの部位を意識したり、つま先や指先を伸ばしてもともと作られた通りに運動するとシェイプアップ、美肌、リラックス等色々な効果があるみたいです。

本当か~と半信半疑で私もDVDを見ながらやってみました。まずは本でも読みましたが各運動のポイントレッスンを見てから通しでやってみました。すると驚いたことに結構あちこちが伸びていい運動になります。ラジオ体操と一緒に以前紹介した骨盤ネジ締め体操もセットでやったら翌日あちこちが筋肉痛になりました。毎日続けると減量にもつながるらしいので続けたいと思います。

味覚

アメリカに住むようになって味覚が変わりました。悪い方にです。なぜそう思うかというとアメリカに来たばかりの頃、なんて甘ったるいんだと思って半分しか食べられなかったReese’sというピーナッツバター味のチョコがあるのですがそれが今では平気で1個もしくは2,3個ぺろっと食べられるからです。今マクドナルドではそのチョコを使ったフルーリが期間限定で発売されているのですが、どの味のフルーリにしようか迷ったときにその味を見て、ついその味を頼んでしまいました。昔の私ならそんなこと絶対なかったのに・・・そのことに先日ふと気づき恐ろしくなりました。

高校生の頃、旅行を兼ねてアメリカ留学していた友人を訪れたことがあります。もともと割と細身の子だったのに留学中に体重が増え、そこまでぽっちゃりした彼女を見るのは初めてでした。訪れた最中に友人のホストファミリーが作った手作りケーキを食べる機会がありました。見るからに甘そうなケーキ。大きな一切れをよそわれ、恐る恐る食べてみました。すると案の定甘い!!もともと甘いものが大好きな私ですが、その大きな一切れを食べきることなんてとうてい無理と思いつつできるだけ食べました。頑張って半分くらい食べました。悪いなと思いつつケーキを残し横を見るとなんと友人がそのケーキを平らげているではありませんか!衝撃でした。今でも笑い話になっています。

彼女と一緒で私の味覚もすっかり甘いものに慣れてしまっています。いかに自制するかが大事だな・・・と思っています。

誕生日

先日誕生日を迎えました。この年になると別にめでたいものでもないのですが、周りからおめでとうと言われたり、フェースブックやメールで久しく連絡を取ってない人たちから連絡が来ると嬉しいものです。

誕生日当日はいつものスケジュールをこなしました。午後になって義母が作ってくれたチョコのシフォンケーキとアイスクリームを食べて内輪の家族で祝いました。今年で○○歳になったわけですが、早いような相応な年月だったような・・・。

誕生日の翌日友人が中華料理をご馳走してくれました。このレストランは二人ともお気に入りでたまに食事します。ダンナも友人の彼もあまり中華は好まないので二人きりのときはたいていこのレストランに来ます。このレストランはチェーンの中華料理屋とは違って本格的中華が味わえる個人経営の店です。いつも座るまでに待たされます。席数が少ないのも理由ですが、いつも大人気なのです。この日も1時頃行って10分ほど待って座りました。ランチを食べるのは二人とも初めてで、ランチメニューからそれぞれ選んで食べました。いつものごとくおいしかったです。食後デザートはいかがですか?と聞かれ友人とケーキを半分こすることにしました。濃厚なレモンケーキで、食べきることができませんでした。

会計をする際になって友人が奢ってくれることが発覚しました。悪い気がしつつもやはり嬉しかったです。そんなわけで2013年の誕生日も有意義に過ごすことができました。