ハエ

数週間前に我が家でハエが大量発生しました。どこから来たのか分かりません。ドアの開閉のときに紛れ込んだとは思えないほど大量のハエが家の中を飛んでいました。私はもともと虫が嫌いなので最悪の状況でした。前に買ってあったハエたたきを出してきて、端から端まで一日中たたいていました。幸いなことにハエって動きが鈍いのかハエたたきでたたくとたいていの場合殺すことができました。蚊よりも断然簡単です。

ハエ取り紙も買ってきてダメもとで設置してみました。すると見事に数匹穫ることができました。やっぱりハエって愚かなのかもしれません。ハエの何が1番嫌かというとあのうるさい羽音です。とてもうるさくて、大きくて本当に嫌でした。しかも殺しても殺しても全く殺さなかったかのように次から次へと出てきました。家にハエの巣があるのではないかと真剣に悩みました。あるときは網戸に何匹も群がってるのでダンナがスプレーをまくと5匹以上退治しました。

ダンナいわく夏の蒸し暑い日は食べ物をちょっとでも放置しておくとハエがやってきて卵をその食べ物の中に産みつけるそうです。だからちょっと不安な場合は念のために処分した方がいいらしいです。そのことを聞いたとき吐き気がしました。知らないうちにハエの卵を食べてしまっていたらどうしようと恐くなりました。

そのハエラッシュは約5日間ぐらいしてピタっと止まりました。急に気温が下がったせいかもしれませんが、もう二度とハエラッシュにはあいたくないと思いました。

旧友との再会

以前の同僚であり友人と約4年ぶりに再会しました。彼女は一緒に働いていた店をクビになり、その後別の州に引っ越しました。共通の友人を通してフェースブックで連絡が再開し、今回4年ぶりにこっちに遊びに来るというので楽しみにしていました。滞在期間はたったの3日間。日程が決まり次第、多くの友達に連絡が来て、是非みんなに会いたいとのことでした。

私は子供がいることもあって、夜飲みに行くこともできず、結局彼女に会えたのは帰る前日の日。子供を連れてアイスクリーム屋で彼女と他の友人達と合流しました。彼らは一日湖で過ごし、帰る前にアイスクリームを食べることにしたところに私が参加したのです。一日湖で過ごした彼らはみんなぐったりとしていて、まったりムードでした。フェースブックで近況は知っているものの、ロングヘアがショートになり、大きなタトゥーが上半身に入り、前と比べてかなり変わった印象を受けましたが中身はほとんど一緒でした。

彼女ともっと話したかったのに、テーブルに座った席順のせいで彼女から離れてしまい、一番話したくなかった男の近くになってしまいました。彼は何が嫌かというと、言ってることが全てでまかせだということ。私の1番許せないタイプです。彼を知り始めた当初は全て言っていることを信じていましたが、あまりに理不尽なのでいつからか誰も彼の言うことを真に受けなくなりました。せっかく彼女に会いに来たのに、台無しだと思いましたが、今度いつ彼女に会えるか分からなかったので姿を見れただけでも良しとします。

Amishの人々

前回書いたAmishの人たちについてもう少し書こうと思います。前回説明した通り、彼らは電気を使いません。車も乗りません。遠くへ行くときは馬車で移動します。服はみんな同じ格好。そして全て自分たちで作る。

最初彼らと接し始めた頃は全てが新鮮でした。夜、家にいくと暗くてランプが点々と灯っているだけ。夜に外で作業するときは鉄鋼員のようなライトのついた帽子をかぶって外に出ます。料理は薪のオーブンで調理する。食料はほとんどが自給自足。だから畑はもちろん家畜もいます。ドイツからの移民ということもあって、家の中ではドイツ語で話しているみたいです。英語も話すことができますが、少しなまっています。宗教熱心で礼拝があり、休息の日とされている日曜日は絶対に商売はしません。そしてたいていが大家族。知り合いの家族は子供が10人以上いる気がします(正確に何人いるのか把握できません・・・)。料理が上手というので有名でパンやジャム、彼らが全国各地で経営するレストランはちょっとした観光スポットになっています。

彼らの生活は現代の生活とは大きく異なります。きっと何十年も前はみんながこういう生活をしていたのかと思います。時間を気にせず、朝から晩まで決まった生活をする。家族で助け合って暮らす。ゆったりしていていいと思う反面、私にはできないと思います。一回現代人の生活を体験してしまったら電気も車もない生活をするのは難しいと思います。

Amish Store

家から車で10分ぐらいのところに新しい店ができました。このお店の特徴はAmishと呼ばれるもともとドイツの移民で電気やテクノロジーを使わない人たちが経営していることです。Amishの人たちは自家製のパンやジャム等をよく売っています。我が家も家族ぐるみでなじみのあるAmishの家族がいます。それなので彼らの生活は自分の生活ととても違うなと思うものの、抵抗はありません。

しかしこのお店Bent & Dentと呼ばれるいわゆる傷モノがメインで売られています。自家製ジャムやメープルシロップもあるものの、それは店の3分の1程度でほとんどが傷モノです。例えば店で売ることができない変形した缶や、もう売らなくなった商品、つぶれた箱のシリアル等が格安で売られています。私はちゃんと賞味期限を見て、傷モノでも差し障りのないものを買いました。例えば袋詰めのチョコとか、アイスティー等。変形したアルミ缶は有毒なガスを排出すると聞いたことがあるので普通の店で見ても買いません。

週末には自家製のドーナツが売られます。このドーナツは結構美味しかったです。イーストドーナツで手作りの味がします。近い将来、チーズや肉も売られる予定です。

私はこの店に対してそこまで感動しませんでしたが、いつも賑わっています。この店の近所は貧困層も多いので彼らにとっては嬉しいお店だと思います。自分が金持ちだと言っているのではありません。ただ質より量を好む人に好まれていると思うだけです。

1番好きな時間

前回の「食事にかける時間」について考えているうちに思い出したことがありました。それは小学生のときにしたスピーチ。確か低学年の頃でした。「あなたの1番好きな時間」というテーマでスピーチを書きそれをみんなの前でみんな発表しました。そのときの私の書いた内容、「私の好きな時間は家族全員揃って食事をする時間」でした。家族全員といっても3人なのですが、私は色々習い事をしていたし、母も遅くまで仕事をしていたため3人でそろって夕食をする時間はあまりありませんでした。そのためスピーチで発表した内容がそのようになりました。

このスピーチは反響を及びました。なんせ小学生の女の子が自分の好きな時間は家族で一緒に食事をする時間というのですから。よっぽどかわいそうな子だなと思われたかもしれません。でも当時の私は素直にその時間が尊かったのです。今思えば我ながらうまく人情にくる点を書いたなと思います。クラスメイトに内容を少し変えてかなりマネされました。私の好きな時間は家族で出かける時間、僕の好きな時間は家族で映画を観る時間等。

母がこのスピーチを読んだか分かりません。でももし私が母の立場だったらできるだけ食事の機会を増やそうと思ったと思います。我が家はダンナがほとんどいない生活です。幸運なことにそれでも4人います。それなのでダンナ以外でする食事を有意義なものに、ダンナとする食事はさらに有意義なものにするよう努めたいと思います。

食事の時間

フェースブックで「いいね!」をしてフォローしている、食べ物に気を使っているグループがこんな投稿をしました。

「60年前の平均食事時間は90分だったのに大して現在は平均12分、食事の時間を見直して有意義な食事をするように心がけましょう」と。すごい違いですね。色々な要因が考えられますが、何よりも生活の多忙化が主要因だと思います。例えば4人家族を想定して、お父さんは不規則な時間の仕事、お母さんはパート、子供達は習い事もしくは行事があるとしてそれぞれに忙しく食事に時間をかけている時間なんてないのでしょう。だから12分。ぱーっと食べて終了。

比べられている60年前はお父さんは定時に帰宅、お母さんは専業主婦、子供達は学校から帰ったら家事を手伝ったりして家に停まる、そういった生活で食事はゆっくり時間をかけてし、家族団らんの時間だったのでしょう。そのため90分という時間がかけられたのです。

我が家はそれぞれ忙しいわけではありませんが、食事はやはりあっという間に終わります。というのも子供達がさっさと食べてしまうからです。特に息子は急がないといけないわけでもないのにさーっと食べて食事を終えます。ダンナも職業柄のせいかあっという間に食べます。私が座る頃には食事を終えていることが多々あります。90分も食事をする自信はありませんが、今後できるだけ長く、ゆっくりと食事をするように意識したいと思います。

Fast and the Furious 6 ~ワイルドスピード〜

Fast and the Furious 6を観ました。このシリーズは私とダンナの中でかなり思い入れのある作品です。というのも私とダンナが出会った頃の彼のお気に入りの映画がこの映画で、よく一緒にDVDで観て、続編は全部一緒に映画館で観たからです。それなので今回の新作も「待ってました!!」作品でした。世間でもこの作品のファンは多いみたいで公開初週の興行成績は結構良かったです。

この作品はビン・ディーゼルを有名にした作品です。私も一作目を観てビン・ディーゼルが気に入りました。その後彼の人気に火がつき、一時は滞ってコメディとかもやっていましたが今回また復活です。

感想、なかなか良かった!です。6作目になるので期待は正直していませんでした。ただ同じメンバーが観れればそれで十分でした。でもちゃんとストーリーがあって、アクションもありえないものばかりでしたが面白かったです。

本編が終わってタイトルコールが始まり、みんなが帰り始めた頃またある場面が登場します。そこは渋谷。二台の車がレースをしています。前の車が横転し、炎上して主要メンバーの一人がその炎上する車に残されています。後ろの車から出て来たのはなんとジェイソン・ステイタム!今私が一番好きな男優です。きっと次作に彼が出るのでしょう。そして舞台は日本なのでしょう。日本でのジェイソンの撮影が見たい〜!!という思いで本編がかき消されてしまいました・・。いうまでもなく次作が楽しみです。

Iron Man 3 〜アイアンマン〜

Iron man 3を観ました。日本ではどれほど期待されていたのか分かりませんが、アメリカではかなりの「待ってました!!」的作品として注目されていました。我が家も一家でアイアンマンが好きなので公開された次の日ぐらいに一家で観にいきました。それよりも一足先に観た義姉の感想はまあまあとのことだったのであまり期待しないでおこうと思いつつ観ました。

結果・・・面白かったです。私は好きでした。ロバート・ダウニー・ジュニアをアイアンマンを観て以来好きになったので多少つまらなくても彼が観れれば私は満足なのです。でもそれでなくても3作目にしては期待を裏切らず、ちゃんとしたストーリーがあったし、アクションもど派手で観た甲斐がありました。

義姉が言っていた通り、途中ちょっとゆっくりになりましたが我が家の子供達は文句を言わずに見通しました。1番のみどころは最後のアクション。主人公トニーが作り置きしていたアイアンマン達が一斉に悪を相手に戦うシーン。次から次へとアイアンマンが所狭しと飛んで来て戦います。その戦いの最中にグゥィネスが高所から落ち、死んだように見せかけるものの、パワーを持って復活します。他にもトニーを支える少年、トニーの家が攻撃されてこっぱ微塵になるシーン等色々見所があります。

最後にトニーは人工心臓を取り除き、普通の人間に戻ります。それがシリーズの完結を意味するのか分かりません。そこで終わって欲しいような終わって欲しくないような複雑な気持ちです。

Invisi Shield

Invisi Shieldというケータイ画面の保護フィルムを買ってみました。それまでは3枚で15ドルくらいの自分で貼るタイプを使っていたのですが、どうしてもゴミが入ったり、空気が入ってぽこっと泡ができて気持ち悪かったのでダンナに薦められたのもあって買いました。値段は結構するのですが、一生保証がついてきて、もし破れたり、形が崩れたら新しいものと取り替えてくれるというのです。その点が購入の決め手になりました。

自分で装着しても良かったのですが、店の人にやってもらうとその店での保証もつくので手数料を払ってでも店員にやってもらいました。フィルムの値段は同じ物の3タイプあったのでまずどれにしようか迷いました。主な違いはテカテカ感、指紋がつきにくいといった点でした。指紋はつかない方がいいけど、その分見た目が厚く操作しづらい気がしたので基本的なものを選びました。

購入をして、店の人につけてもらうよう頼みました。作業を担当したのは適当そうなお兄さん。「今日大して仕事してないから僕にやらせてくれよ〜」的な態度で私のフィルムを担当することに。本当に大丈夫か?と思いつつ何かトラブったら即文句を言おうと、作業する様子を注意深くチェックしていました。まず画面をキレイに拭いて霧吹きでシュッシュッと水やら薬品をかけてさらに拭きます。その次にフィルムを乗せて特殊なへらのような道具で空気泡を外へ退かせていきます。

結果キレイにできました。大満足です。

読書

子供ができてからすっかり読書をする時間がなくなってしまいました。去年までは仕事もフルタイムでしていたし、読書する時間を見つけることなんて無理でした。しかし先日ふと思い立って久しぶりに本を読みました。

義母の家で時間を潰していた際、他にすることがなかったので本を読みました。読んだのは村上春樹の「1Q84」。1巻が見つからず2巻だけ読みました。感想・・・正直ちょっと不気味。小心者のの私には本を読んでから色々想像してしまい2巻を読み終えた日はすぐに寝付くことができませんでした。

村上春樹の作品は高校時代の友人の影響で読み始めました。当時もしばらく読書していなかったときにその友人が村上春樹が面白いというので言われるがままに読み始めました。きっと私に合っている作家や作品ってもっとあるかと思いますがどこからどんな風に探せばいいか分からないのでつまらないわけではないので今でも村上春樹を読んでいます。

「1Q84」は私が村上春樹が好きなことを知っている母が昨年の夏に持ってきてくれました。以来ずっと気になっていたものの、読む時間がありませんでした。読み始めると止まらず、4日ぐらいで読み終えました。不気味だと思う点はリトルピープル。他にも奇妙な事件が起こります。作品は面白いのですが、元気になれる作品ではありません。それなので続きが気になるものの、気軽に読むことができなそうなので続きを読むか読むまいか迷っています。