ebay

最近よくチェックしているもの、それはebayです。ハマっているわけではありません。必要な物しか購入しません。以前は不必要な物でも安くてお得!と思ったら購入したこともありましたが、最近はよく考えてから入札もしくは購入します。今までに色々買いましたが最近は本が多いです。図書館で見つからないけど、定価で買いたくない本等たいていebayで誰かが売っているのでそういうときに入札します。そうするとたいてい定価より安く手に入れることができるので得した感じがします。売る方も少しでもモトが取りたくて売っているのでしょうからお互い満足なわけです。

私自身売りたいものが多々あるのですが、設定方法が分からずまだやっていません。設定しても買ってもらった商品をすぐに郵送する手配や、買い手とのやりとりは面倒な気がします。自分の住所やメアドが見知らぬ人に知られるのも抵抗があるし、ちょっとの儲けのために個人情報が流れるリスクを取るのはどうかと思う面もあって踏み出していません。

一旦入札するとドキドキします。特にたくさんの人が入札している場合。感覚がおかしくなってそんなに払うつもりではなかった金額まで入札してしまうときもあります。みんなが入札しているのが分かるとどうしても手に入れたくなるのです。その反面いざ落札するとみんなが引き下がったわけだからもしかして価値がないのかも・・・と不安になったりもします。たかがebayにこんなに振り回されるのは私だけなのでしょうか?

1Q84完読

以前読み始めたと書いた1Q84を読破しました。読破と言っても途中飛ばし飛ばしで読んだ箇所も多々あるので読破とは言えないかもしれませんが、全て読み終えました。長男の通っている学校の図書室にあるのでそこで借りて読みました。

感想、ハッピーエンドで良かったなと思いました。主人公の青豆と天吾がそれぞれの語り口で書かれた章が交互に書かれてこの物語は展開されていくのですが、お互い小学校のときに一度手をつないだ感触をいつまでも覚えていて何年も経った後も心のどこかにあったお互いへの思いをもとにそれぞれを捜し出します。その間に殺人事件がからんだり、カルト宗教、そのカルト宗教をもとにした小説、別世界、リトルピープル、それらのすべてにまつわる登場人物達等この小説を説明するのは難しいです。

青豆も天吾も幼くして心に傷を負い、同じように苦しんだ境遇があります。そのことが二人を寄せ、手をつないだときに幼い小学生であったにせよ永遠に二人を結ぶことになる絆を作ります。物語の最後の方まで二人は再会できず、じれったいと思ったことが何回もありました。でも最後に二人は無事に再会し、リトルピープルも2つの月のない現実の世界に戻ってくることができます。

相変わらず不思議な村上春樹ワールドが繰り広げられ、一度読み始めると止められませんでした。おかげで数日寝不足になりました。以前も書いた通り、不気味なリトルピープルが私は苦手でしたが面白かったです。

ラズベリー

私が大好きな果物、それはラズベリーです。果物の中で最も好きと言っても過言ではありません。そのラズベリーがつい先週くらいまで旬で収穫時期でした。幸運なことに義祖母の家にラズベリーの株がいくつも植わっていて、いつもたくさんもらいます。今年は他にあげるあてがなかったのか大量にもらいました。このラズベリーの品種は小粒タイプなのでそのまま食用するよりもジャムにするのに適しています。ラズベリーは実が柔らかく、すぐにつぶれて水分が出てカビが生えてしまうのでそのためにも早く調理する必要があります。

まずジャムを作ってジャム瓶8瓶作成。それで満足していたらまた大量にもらったので第二次ジャム作り。でも今回は瓶詰めにはしないですぐ食べる用に調理。ラズベリーはおいしいけど、ジャムにすると結構酸っぱいので結構砂糖を入れる羽目になります。砂糖控えめにしたいけど、やはり甘い方が美味しいので結局かなりの量の砂糖が入った気がします。すぐ食べる用のジャムはあまり煮詰めず、トロトロというよりはサラサラしていて実がたくさん入ったシロップ的な固さになりました。このジャムをプレーンで無糖のヨーグルトに大量に入れて食べるのが大好きです。真っ赤になるまでジャムを入れてかき混ぜて食べる。甘みが足りないときは更に砂糖を一つまみ加える・・・。至福のときです。

スーパーで買うと小さなパックに入って安くて2ドル弱。大量におすそ分けしてもらって本当にラッキーでした。

今年のブルーベリー

今年もブルーベリーの季節がやってきました。ダンナの家族はブルーベリー農家を営んでおり、この時期まさしくフル回転です。私は子供が3人いるので全く関わっていません。というのも法律で子供は作業の敷地内に入れないことになっているからです。だから私の仕事は子供達が敷地内に入り込まないよう監視すること、だと思っています。この法律に背き、畑をチェックする人に見つかると大きな罰金が取られるらしいです。

数年前から自分たちでブルーベリーをパックに入れる機械を導入し、ブルーベリー畑の作業は大きくいって二つに分けられます。まず実際に畑で作業する側。農薬、肥料を撒いたり、雑草の手入れをしたり。収穫もします。もう一つはパッケージする加工側。畑で収穫したブルーベリーを機械に乗せるとまず洗われ、傷んだものやまだ未熟な粒がセンサーではじかれます。それを通った実は洗った水分を乾かされ、決められた量がパックに詰め込まれていきます。どの作業も何人か人がついて監視します。

ブルーベリー業が忙しくなって1番心配なこと。ダンナの両親。朝から晩までそれぞれずーっと働きっぱなしです。義父が畑仕事、義母は工場仕事と会計。家にいることは全くなく、寝に帰るだけです。食事も少し手の空いたときに軽食をする程度。それなので食事の差し入れはなるべくするようにしています。「忙しいのは今だけだから大丈夫」、と二人は言うもののそれでも心配です。まだ2ヶ月はこの状態が続くのかと思うと哀れになります。

Despicable Me 2

Despicable Me 2(邦題・怪盗グルーのミニオン危機一髪)を観てきました。この作品は私もかなり期待していました。というのももともとのDespicable Meが大好きだからです。初めはくだらなそう・・・と思って見てなかったのですが同僚にすすめられ、借りてみたらとても良くて即自分でも買いました。率直な感想は2よりも1の方が面白いです。2は無理に話を作った感じがあちこちに感じられて途中つまらなくなったりもします。我が家の子供達も途中ちょっとつまらなそうにしてました。でも黄色いミニオンは相変わらず面白くて、素直に笑ってしまう場面も多々あります。

1に登場するベクターという悪役がドジで面白くて好きなのですが残念ながら2には出てきませんでした。2には新しい悪役が登場します。その悪役がグルーのミニオンに薬物を投入し、紫色の悪い怪獣に変えてしまいます。しかしグルーはもともと自分と一緒に働いていた科学者の協力を得てその薬物の抗生物質を開発し、紫のミニオンを無事に黄色く戻すことに成功します。その悪役を退治するパートナーと最後には結婚をしてハッピーエンディングです。

長男・長女は面白かったと言っていましたが、やはり1の方が好きだと思います。1の方が人情が多く、どのキャラも新鮮でインパクトがあります。それが続編を面白くさせる第一の課題だと思います。1が売れたからってその人気を維持するのはなかなか難しいことです。

The Lone Ranger

The Lone Ranger(邦題・ローン・レンジャー)を観ました。思っていたよりも良かったです。この作品、観るまで抵抗がありました。なぜならオリジナルのローン・レンジャーと大幅に違う気がしたし、ジョニー・デップは好きですがインディアンの格好をした彼はどう見てもパイレーツ・オブ・カリビアンを彷彿させてパクリみたいで支持したくなかったからです。

長男が4歳ぐらいのときカウボーイにハマった時期があってオリジナルのローン・レンジャーを一緒にちょっと見ました。典型的な昔の西部劇で私はあまり興味がなかったのですが、息子は食い入るように見ていました。それなので今回のリメイクも楽しみにしていました。

映画の話はインディアンとカウボーイがそれぞれの復讐を果たすために協力して困難を乗り越え、敵を倒すといったところでしょうか。しかし二人はお互いのことを良く思っておらず、何回も衝突します。結局その度になんとか仲直りをして先に進んでいきます。途中悪役がカウボーイのお兄さんの心臓を食べるシーンがあって気持ち悪かったです。細かな描写はないものの、想像するとグロかったです。

オリジナルに忠実であるか・・・という点に関してはそうでないとしか言えません。ローン・レンジャーの名前をよく与えたなと思います。有名なテーマ曲が最後に流れること、マスコットの白い馬が登場すること以外はまったく別の作品です。

私の中では一回見れば十分な作品です。

Pacific Rim

Pacific Rim(邦題・パシフィック・リム)を観てきました。思っていたより良かったです。ダンナと子供3人で観たのでどうなるか心配だったのですが、下二人が途中で寝てくれたため満喫できました。

内容は未来?に異世界から怪獣が地球を襲いに来て、それと対抗するために人類が大きなロボットを開発して怪獣と戦うというものです。映画の中での怪獣がそのまま英語でKAIJUと呼ばれ、主人公の一人が菊池凛子である時点で日本かぶれなんだなと思いました。菊池凛子の子供役は芦田愛菜でした。そのことは観るまで知らなかったのでちょっと驚きました。有名な子役を使いたかったんだろうな、とまた日本かぶれを感じたのでした。

怪獣とロボットで戦うという時点でありえなすぎるのですが、映画としてはなかなか良かったです。人情に触れる場面もあります。でも二人一組でロボットの中に入ってロボットを操縦する、その二人が機械を通してお互いの神経をつなげる等、不思議に思う点もいくつかありました。極めつけは怪獣研究者が怪獣の考えていることを探るために怪獣の脳に機械をつなげてロボット操縦のように神経をつなげ合って怪獣の脳の中を模索する点。ありえな過ぎて笑えました。その研究者役はコメディによく出演する三枚目俳優で、ちょっと奇想天外な役なのでぴったりでした。

主演の男優もなかなかかっこ良かったです。菊池凛子はわざと日本語を下手にするように指示されているのか、たどたどしかったです。

いちご

6月の2週目くらいから6月の終わりぐらいまでいちごが旬でした。去年はいちご狩りにも行きました。子供達がいちご狩りをとても喜んだので今年も行くつもりにしていたのですが、行こうと思った前の週にちょうど終わってしまったみたいで今年は行くことができませんでした。あちこちいちご畑を聞いてまわったのですが、どこも終わっていて、まだいちごがある畑もちらほらあるもののいちごを見つけるのが困難な状態でそんな状況で子供達を連れていってもおもしろくないと思ったので今年は断念しました。

いちご狩りには行かれなかったものの、旬のいちごを買って食べることはできました。ちょうど友人が知人のいちご畑で収穫したいちごを野菜スタンドのような形で売っていたのでそこで大量に買いました。その数8パック。なぜそんなに買ったかというと食用もそうですが、ジャムを作りたかったからです。私はジャムの中でいちごジャムが1番好きです。なかでも自家製のジャムは格別です。それなので今年はジャムを作ろうとちょうど思っていました。

8パックのいちごで15瓶作ることができました。今回作ったジャムは煮て作るのではなく特殊なペクチンを使って作るジャム。火が通っていないため常温で置いておくことはできず冷凍庫保存しておいて使う分だけ冷蔵庫にうつして使います。私は煮る作業が時間がかかるためあまり好きではないのでこの冷凍ジャムが簡単で好きです。おかげで冷凍庫は一杯になりましたが、当分ジャムがなくなる心配をしなくていいのは嬉しいです。

Abraham Lincoln: Vampire Hunter

映画「Abraham Lincoln: Vampire Hunter」を見ました。邦題は見つかりませんでした。アメリカでは昨年公開され、何週か興行成績1位を記録していたと思います。この作品、予告を見たときから疑問を感じていました。なんで重要歴史人物のリンカーンが吸血鬼を殺しているんだ、と。もちろん本当にあった話ではないし、なぜその二つを結び付けたのか分かりませんでした。

映画を見ている最中もその疑問は消えず。リンカーンが有名になる前の少年の頃から始まり、お母さんを吸血鬼に殺されたことから憤りを覚え、それ以来恨みを持ち、あるとき吸血鬼を殺す訓練を始めます。その後数々の吸血鬼を殺します。途中訓練してくれた師匠が実は吸血鬼だった、という衝撃の事実が発覚します。でもその理由が師匠を吸血鬼に変えた吸血鬼の大元を退治するためだったことが分かり、仲直りします。

その後リンカーンは政治に携わるようになり、大統領になります。しかし仲間を殺された吸血鬼の大元が放っておくわけはなく、リンカーンの一人息子を殺害します。それを機に吸血鬼殺しから離れていたリンカーンが再びトレードマークの斧を持って大元を退治しにいきます。

映画自体はまあまあおもしろいですが、やはりリンカーンと吸血鬼の結びつきが謎です。きっとその二つをつなげれば珍しいストーリーになるとでも思ったのでしょうか。確かにそうですが、実在した歴史人物の栄誉をそんな風にいじるのはどうかと思います。

以前の歯医者

日本で学生のときに通っていた歯医者のことをふと思いだしました。その歯医者はもともと父が通っていた歯医者でいつからか私もそこに通うことになりました。当時60代くらいの先生でしょうか、しゃべり方がとても優しくて親近感の湧く先生でした。そのせいかとても人気で予約を取るのは最低3週間先。大学生になってバイトに授業に遊びに多忙だった私には治療で急に入れなくてはいけない予約の手配をするのが大変でした。

この先生、患者の反応はいいもののどういうわけか内部の衛生士さんには嫌われているようでした。というのも私が虫歯治療で診察を受けていたときのこと、先生が衛生士さんに何か物事を頼むとぶっきらぼうな態度で衛生士さんが対応していました。先生がイライラしているのが患者である私にも伝わってきました。他にも衛生士同士でわいわいして先生をウザがる様子を見たことがあります。

率直な感想・・・先生がかわいそう。そして上司にそんな態度取っていいのだろうか?と常に思っていました。先生も先生で尊敬されない部下に囲まれているなら総取り替えして、自分が治療をしやすい環境を作ればいいのに・・と思いました。先生が何も行動を起こさないから衛生士も調子に乗ってそんな態度を取っているのだと思いました。

現在は日本に帰ってもその歯医者には行きません。もっと近所で丁寧で予約の入れやすい歯医者を見つけたからです。でもその先生が今どういう状況で歯医者を営んでいるのか気になります。