悪夢

昨夜悪夢を見ました。断片的にしか覚えていませんが、登場人物はほぼ全員元仕事仲間。あらすじを説明すると私は仕事仲間が集まるプールパーティに誘われ、それに参加するために仲間の一人のバイクの後ろに乗せてもらいプールに向かいます。そのバイクが走った感触は結構新鮮に残っています。プール近くに到着するとバイクの運転手の知り合いとすれ違い、運転手の子に目の病気があるから気をつけてと忠告を受けます。

プールに向かうまで誰かから逃げていることも覚えています。プールについて仲間でプールを囲んでパーティが始まるのを待っているとプールの中から悪者が出て来てみんなを銃撃し始めます。その悪者から逃げていたのです。私は撃たれなかったものの、慌てて走って行くとその悪 者にぶつかり、仲間数人と並ばされます。そしてその悪者が私の指を噛みちぎろうとしたところで私が「助けて!!」と叫ぶところで目が覚めました。

起きた瞬間、ほっとしました。夢なのに気持ちはまだかなり興奮してドキドキしていました。こういう日に限ってダンナは留守です。でも私が寝ている間に忍び込んで来た長女が隣で スヤスヤ寝ていました。その後興奮を落ち着かせるために子供のように長女をぎゅっと抱いてまた寝ました。

この夢が何を意味しているのか全く分かりません。おそらく良くないことでしょう。でも「助けて!」と叫んだ瞬間に目が覚めたこと、隣に長女がいたことに大人げないですがとても安心したのでした。