家庭菜園

家庭菜園を毎年やりたいと思うものの、以前義母と共同でやった際にあまりに世話が大変で苦い思い出になり、それ以来やっていませんでした。しかし今年はひょんなことから庭の土が耕されたのでこれをいい機に今年は何か植えてみようと思いました。種は数種類すでに家にありました。それなので適当に数種類選んで植えました。以前やったときみたいに手入れに追われると嫌なので1メートル四方ほどの小さい菜園をダメもとで始めました。

もう6月になっていたし、植えた種の記録も特にしませんでした。なにせダメもと菜園なので期待していなかったからです。しかしそんな菜園でも葉がいくつか出てきました。そうすると困るのが、何が出て来たのか分からないこと・・・。記録していなかったのでこれかこれのはず。と予想しながら成長を見守りました。

そして8月現在。3種類の種が成長しています。きゅうりとブロッコリーともう一つ謎の植物。1番元気なのはきゅうりでつい先週くらいから収穫できるようになりました。1株しか生き残らなかったものの、その一株は元気にいくつもの花を咲かせ立派なきゅうりを実らせています。日本のきゅうりの種なのでその嬉しさは倍増。ここアメリカで新鮮な日本のきゅうりを食べることができて感動です。

ブロッコリーと謎の植物は収穫まで至かは分かりません。きゅうりに栄養を持っていかれているのか、いつまでも同じ大きさで成長している気配がありません。来年はもっと計画的に家庭菜園をやりたいです。

ピクルス

今日は友人宅で自家製ピクルスを作りました。私はきゅうりのピクルスを、友人はスイカの皮のピクルスを作りました。両レシピとも友人が購入した雑誌に載っていたレシピで二人とも初挑戦でした。

私のピクルスは比較的簡単。まずキュウリを縦に4等分してそれを瓶に詰めていきます。あまりキツキツにならないよう、ほどよく隙間を残します。その間に水4カップ、酢4カップ、ピクルス用の塩3分の一カップ、砂糖2分の一カップを鍋にかけて沸騰させます。沸騰したらきゅうりの入った瓶にその液を均等に流し入れます。それからディルというスパイスを大さじ1加えます。中身はそれだけ。蓋をしてきつく回したら今度は大きな鍋に水をたっぷり入れてピクルスの入った瓶を並べて沸騰させます。沸騰が始まってから10分。それが終わったらそっと取り出します。この最後のWater Bath(水風呂)という作業がこのような瓶詰めの食べ物を腐らずに常温で長持ちさせる秘訣なのです。

友人のスイカの皮ピクルスは果物の甘煮のような感じで不思議なものでした。私はおそらく作らないと思います。きゅうりが数本余ってしまったので冷蔵庫で保存するピクルスも作りました。工程はいたって同じ。ただ最後の沸騰させたお湯の中に入れる点だけ抜かします。それでも冷蔵庫で1ヶ月は保存できるみたいです。

加工したピクルスは1週間置いてからでないと開けてはいけないので味が分かりませんが、美味しかったら簡単にできたのでまたやりたいと思います。