笑い

笑うことが体にいいということを聞きました。そのことは聖書にも記されています。夫婦間にも常に笑いがある夫婦関係は長続きするそうです。夫婦は子供のこと、お金のこと等心配することがたくさんあって笑うことを忘れがちになることもありますが、笑いは健康な夫婦関係を築く要素の一つだそうです。最後に「あなたは最近笑っていますか?」という質問を投げかけられて考えさせられました。

私は上に書いた「笑うことを忘れがち」夫婦になっていると思います。日々の忙しさに追われ、お互いを楽しむというよりも生活のパートナーという夫婦関係になっています。ダンナがどう感じているかは分かりませんが、昔に比べてダンナの笑う機会も少なくなってる気がします。

よく笑った思い出を思いだしてみると鮮明に覚えているのが大学時代です。その前にも爆笑したことは多々ありますが、大学時代は何十年も前ではないのでまだよく覚えています。私を笑わせる友人が2人浮かびます。一人はサークルの友人、一人はバイト先の友人。彼女達といるとくだらないことですが、おなかが痛くなるほど笑えました。そして私も彼女達を笑わせました。

いつも真面目でシリアスでいると疲れます。笑うと緊張がほぐれるし、ハッピーな気持ちになります。たとえストレスを抱えていても笑っているときは気が晴れるし、笑ったことで元気になります。「笑い=健康」なんて一見バカげたことのように感じられますが私は本当だと思います。