停電・秋編(続き)

義両親の家に泊まることが決まって子供達は大喜び。同じく停電中の義姉家族も一緒に泊まる事になりました。そのためいっきに大人5人、子供5人の大家族になりました。なんだかイベントのようで私も少しウキウキしました。何回か家に戻って電気が戻ったか確認しましたがついにその晩は戻りませんでした。

大家族の母となった義母ははりきって夕食を作り始めました。義母もみんなが泊まりに来て困るというよりは、嬉しい様子でした。義姉家族は発電機を買いに出かけたので夕食はバラバラに食べました。どこもかしこも発電機は売り切れだったそうです。みんな考える事が同じみたいです。

夕食後子供達はみんなでお風呂に入りました。そんなことは滅多にないのでみんな大はしゃぎ。5人でかなり狭いだろうにそんなことお構いなしです。それから寝る支度をしてそれぞれのベッドルームで寝ました。発電機で電気をつけるため夜中暑くなるのか寒くなるのか分からなかったのでフリースのパジャマを持っていったのですが、大失敗でした。途中で停電が直り暖房がガンガンについたため、汗をかくほどでした。おまけに初めて泊まる義母の家そして家族4人でクイーンベッドをシェアすることにとまどった末っ子が夜中何回も起きて全く寝た気がしませんでした。

結局我が家の停電が直ったのは昼の1時頃。約36時間の停電でした。電気が回復した我が家に戻って思ったこと、狭くて散らかってるけれどもやはり我が家が1番。そして電気のありがたみが分かりました。

停電・秋編

昨日停電しました。停電したのは早朝のことです。はっきりした時間は分かりません。ただ朝目が覚めたら停電していました。前の日はずっと暴風と雨が降り続き、もっと早くに停電するかと思って焦ってお風呂に入ったり、懐中電灯を集めたりしましたが寝る前には停電せず、寝ている最中にしました。おかげでなんとか起きるまでしのぐことができました。それでも寒くなって途中で起きてきた娘二人と寄り添って体温で温め合いました。まるで遭難したみたいだなと思うとおかしかったです。停電しているからもちろん目覚ましは鳴らず、起きても仕方ないので子供達が起きるまで寝坊することにしました。寒さのため熟睡はできなかったのですが、ウトウトしていると電話が。相手は義母、「うちも停電しているから一緒にどこかに朝ご飯を食べに行こう」とのこと。慌てて子供達を起こし、支度をしてマックへ。近隣の町のほとんどが停電していたので家から25分車で走った町のマックへ。さすがに開いていました。

他にも停電している家庭が集まっているのか平日の朝9時半なのに割と人が多かったです。朝ご飯を食べ、子供達はプレイエリアで少し遊んでから解散しました。その後予約していた検診を2つ済ませ、家に戻りました。しかしまだ停電中。仕方がないのでコンパクトな発電機を持っている義両親の家へ。その発電機のおかげで一時的に彼らの電気は戻っていました。我が家の停電は直りそうもないのでその晩は義両親の家に泊まる事にしました。

続く