ギャンブル

占いに引き続き、私がやらないもの。それはギャンブルです。全く興味がありません。一度やってハマってしまったら怖いから手をつけようとも思いません。そしてそれが正しいと分かっているのでやろうとも思いません。それなのでギャンブルにハマっている人を見ると「意思が弱いのだな」と思います。私からすれば強い意志があればハマってしまう前に辞めるチャンスがいくつもあったと思うからです。

ギャンブルは面白そうだからやってみる、で始まり少し儲けたからもっと続ければもっと儲かるかもしれないと思って続けた結果結局損する結果になったというケースがあります。もし私がその状況に陥ったら始めたときよりお金が減った事実に自己嫌悪します。そうなるぐらいなら始めから手をつけないというのが私の選択です。

映画やテレビを見ているとカジノは全部コンピューターで動いていて、1番初めは勝ちやすくなっていたり、長く勝てないようになっています。それが現実かどうか分かりませんが、もしそうだとしたら機械で操作されているものに一喜一憂したくないと思います。

宝くじやロッタリーも私からすれば同じです。当たるかもしれないと思って宝くじを買ってはずれて損した!とショックに思うよりは始めから買わず、プラマイゼロの状態でいた方が私はしっくりきます。同じ感覚でUFOキャッチャーもはずれがない場合しかやりません。損をするのが怖いから。

今後もギャンブルに興味を持たないと思います。

占い

アメリカではそこまで占いは流行っていません。日本では毎日ニュースの一コマに何らかの占いコーナーがあったり、雑誌の最後び必ず売らないが載っていたり、デパートの中に占い師が並んでいる一角があります。でもアメリカでは自分の血液型、星座を知っている人は少ないです。赤ちゃんが産まれたときも血液型は教えてもらいません。手相を見る人はたまにちらほらいますが、どこも寂れた様子です。

日本はどうして占いが多いのでしょう?みんな何かにすがりたいのでしょうか?私は小さい頃から占いは信じないで育ちました。両親が占いなんて馬鹿バカしいという態度を取っていたからその影響を受けたのだと思います。私に「占いを信じるな」と言ったのではなく「信じるか信じないかは自分の意志だけど私たちは何事も大事なのはあなたの努力だと思う」という姿勢で育てられたので自然と占いに興味を持ちませんでした。

私が思うに、血液や誕生月だけで未来は予想できないと思います。例えば血液型。私はB型です。血液型占いで世の中のB型の人全員が同じ未来になることはありえません。その中の一握りが占い通りの未来になってその人たちが「当たった!!」と騒ぐからみんなが占いを信じようと思うのだと思います。興味本位で占いを読んだことがありますが、根拠もない予測に振り回されたくないと私は思います。何事も未来は自分で切り開いていくもの。色んな状況が複雑に入り組んでその人なりの未来が築きあげられるのです。