高校デビュー

ふとしたことがきっかけで映画高校デビューをネットで見ました。友達に溝端淳平がカッコいいと聞いていました。感想・・・ハッキリ言ってくだらない!ところどころ飛ばしつつ全部見ましたが、ストーリーの内容は見え見え、いわゆる単純な恋愛映画です。恋空を見たときも同じ感想でした。もっとせつなくなるような内容の濃い恋愛映画の方が私は断然好きです。

高校デビューはおそらく中高生向けの映画なのでしょう。30のおばさんが見ても面白いはずがありません。青春を懐かしみたい、キャピキャピしている子達を見たいというならば最適の映画だと思います。

この映画、もともとは漫画が原作です。中学生のときソフトボール一本だった主人公が高校入学を機に恋愛をすると心に決めますが、独自の研究によりノウハウが空回りし、恋愛に辿り着きません。そこで好きにならないことを条件にあるカッコいい男子にモテコーチになってもらって男子ウケするよう改造してもらいます。そのカッコいい男子が溝端淳平です。最初はクールなものの、次第に主人公に影響されて温和になっていきます。この時点で最後がハッピーエンドなことは見え見えです。途中元カノが現れたり、中学時代のソフトボールのライバルが現れて二人の関係がこじれそうになりますが、最後は両思いになってキスして終わり。単純です。単純すぎて私には物足りませんでした。

溝端淳平は確かにカッコよかったけれども、他の俳優は誰一人知りませんでした。日本でこの映画が売れたのか気になります。

ロボコップ

来月にロボコップの新作が上映されます。ダンナは喜んでいます。長男と見たいらしく、先日オリジナルのロボコップのDVDをどこからか探し出してきてみんなで見ました。思い返してみると、ロボコップって何度も聞いたことあるけど、実際に見たのは初めてな気がします。感想・・・グロい!80年代?の映画だから洋服はもちろん、セット等も古臭いのは仕方ありません。しかし昔の映画は今より過激だったのか、ロボコップがロボコップになる前、まだ人間だったときに殺されるシーンは、悪者集団に銃で何発も打たれて腕がちぎれるわ、体中打たれて血まみれになるわで衝撃的でした。その他にも有毒な液体をあびて体中が溶けるシーン、首が切られるシーン等、目を覆いたくなるグロいシーンがたくさんありました。言葉遣いも悪く、最近の映画ではR指定の映画で使われるような罵声が次々に発せられます。この映画子供と見ていいのか・・と思いつつ最後まで見てしまいました。言葉遣いが影響されないことを祈りつつ・・・。

ロボコップはもともとは警察官で悪者集団に殺されかけたところをなんとか生き残り、体を大改造してロボット化されて無敵の警察ロボになったのです。最初は記憶が何もないものの、同僚の警察官のおかげで記憶を取り戻します。そして自分を殺しかけた悪者集団に復讐をしにいくのです。

新しい作品は現代のアクション映画という感じで面白そうです。オリジナルほど過激でないことを祈ります。

アプリを削除した日

数週間前に紹介したアプリ「Hay Day」、その後もハマり続けレベルもどんどん上がりました。そのアプリで遊ぶのは楽しいものの、あまりに夢中になってゲームというより癖になっている自分に気がつきました。ちょっと手をもてあますと、必要もないのにそのアプリを開いてゲームをする。数分前にチェックしたばかりだからすることもないのに、とりあえず開けてみる。そんな母の姿を見て子供はどう思うだろうか。大人になったら好きなときに好きなだけゲームができる、だから早く大人になりたいと思われるのではないか。もちろん子供は家事をしている私の姿も見ています。でも印象に残るのはいいことではなく、悪い事の方が多いです。

そしてネットの使用量もHay dayを始めてからかなり増えました。いくらアプリはあまりデータを使わないといっても四六時中ちょこちょこ使っていれば山のように積もります。先月データの量を増やしたばかりなのに今月も残り1週間にして90%を使ってしまいました。このままではいけないと思い、その日を最後にHay dayを削除しました。

削除した次の日、中毒者のようにソワソワするかなと思ったものの、あえて他のことに意識を向けるようにしたのでそうでもありませんでした。まだネットはちょくちょく使いますが、ゲームはしません。気のせいか家事の効率化もアップした気がします。ゲームをしたくなったら何か家事をするようにしているからです。

もうアプリにはハマらないようにします。

Shutterfly

いつも写真を使った製品を作るときはShutterflyというフォトサイトを使っています。最初にこのサイトを知ったきっかけは雑誌で読んだのと、義姉に薦められたからだったと思います。頻繁にセールをやるし、製品の質も他のサイトと比べるといいので気にいっています。

数日前に101枚写真無料(送料は含まない)というセールをやっていたので特に写真をプリントアウトする必要はなかったのですが、クリスマスや元旦、雪遊びの写真等をまだプリントアウトしていなかったので注文することにしました。こういう枚数指定のセールのときはその枚数ぴったりを注文しないとセール料金が適応されません。多すぎてもダメ、少なすぎてもダメ。指定枚数ぴったりにしてようやくセール料金が反映されます。

セールが終わるギリギリに注文をして、写真が届くのを待ちました。すると数日後に無事届きました。しかし写真を見てみると101枚中30枚ほどに変な線が入っていたり、変色しています。私は以前写真の現像を仕事でやったことがあるのでどういう変色が機械のせいでどういう変色がカメラのせいか見分けることができます。仕上がった写真の変色は明らかに印刷した機械のせいです。

そこで早速お客様相談室に電話して、その旨を伝えました。「サービスで色の調整をすることがるけど、それではない??」と聞かれました。そうではないと答えると注文した写真を無料でもう一回プリントアウトしてくれることになりました。そして2日後に再印刷した写真が届きました。このようにクレームに即座に対応する会社って好きです。

レッドロブスター

先日久しぶりにレッドロブスターへ行きました。誕生日だった娘が行きたいと行ったからです。レッドロブスターといえば、高級な雰囲気で食べ物も絶品といったイメージが一般的にありますが我が家はそうでもありません。前回行ったときはあまりのサービスの悪さに怒りを覚え、後日クレームをつけました。そのとき「もうしばらくは来ない」と決め、それ以来行っていなかったので今回の食事がどうなるかドキドキしました。

結果・・・不満。クレームをつけた前回ほどではないけれども色々難点がありました。まず席に座るまで。スタッフが足りないらしく、すいているのに待たされる・・・・。待つスペースにあるロブスターの水槽内でロボスターが1匹死んでいる。それを息子が指摘すると慌てて死んでいるロブスターを処分するものの、「後で別のを触らせてくれる」という約束は果たされず。

席に着いてから。食べ物の質が低い。おそらく値段を変えずにイカの量を減らすためイカのフリッターは野菜のフリッター入り。そして野菜の方が多い。エビとチーズのナチョスはチーズが安っぽい味でおいしくない。パスタの量が少ない、等不満だらけでした。唯一美味しいのは無料でもらえるパンだけです。

私もダンナも口に出しては言いませんでしたが、しばらく、いやもう二度と来なくていいと思わされた食事経験でした。子供達もおそらくそう思っていると思います。いまだにこのレストランを好んで行く人の気が知れません。

ヘラクレス

新しく公開された映画ヘラクレスを見ました。ヘラクレスというとディズニーのマッチョな男の人のイメージが浮かぶ程度で話の内容までは良く知りませんでした。それなのでこの映画のどこまでが実際のヘラクレスの話に沿っているか分かりませんが、まあまあ面白かったです。

ヘラクレスはゼウスを父に持つ人間と神のハーフです。ヘラクレスの母は王との間にすでに一人息子がいましたが、権力を握るにつれ欲が深まって行く王に失望しその解決策としてヘラクレスを授かります。王はヘラクレスが自分の本当の子供ではないと知りつつも一応一緒に育てます。しかしいつも本当の自分の息子ばかりをひいきします。ヘラクレスは王から別名を与えられ、大人になるまでその別名で育ちます。

ある王家の姫とヘラクレスが恋に落ちますが、その姫はヘラクレスの兄が長男であるため彼と結婚するように命じられます。それを聞いた二人はショックで駆け落ちしようとしますが、すぐに捕まります。姫はそのまま長男との結婚の話が進み、ヘラクレスは遠くの軍隊に送られます。しかし姫のために戻って来ると誓ったヘラクレスは力をあちこちで発揮し、ついに自分の地に戻ってきます。そこで王との戦いが繰り広げられます。自分が神の子であると知ったヘラクレスはそれを信じるようになり、神から力を授かります。そうして王を倒します。

最後に娘が泣き出したため、私は肝心なエンディングを見る事ができませんでした。おそらくヘラクレスと姫が結ばれたのだと思います。

チーズブレッド

先日新しいつまみを作ってみました。Pinterestでレシピを発見したPull apart cheesy breadというチーズブレッドです。チーズとパンの組み合わせは最高だと思います。このレシピの独特な点は、パンをさいの目に切ってその中にバターとチーズを詰め込む点です。このようなレシピは色々あるのでいくつか調べてみて、簡単で材料が少なくて、でも美味しそうなレシピを自分なりに決めました。

用意するものはフランスパンのようなバゲット。バター、タマネギ、チーズ、パセリ、にんにく、オリーブオイルです。
まずパンに切り目をつけていきます。下まで切らないようにギリギリで止めて開いて花のように広がるようにします。次にパンに流し込む液を作ります。バター大さじ8を鍋に入れて溶かします。そしてオリーブオイル小さじ4分の一を加え、にんにくを適量、刻んだタマネギ一個分、パセリを適量混ぜてかき回しながら少し煮ます。

タマネギが透明になり、柔らかくなったら火から下ろしてパンの切れ目に流し込んでいきます。パンがあまり開かなかったので思っていたより難しく、バターを適当に流し込んでから残ったタマネギを隙間に詰め込んでいく感じでした。それが終わると主役のチーズの出番です。小さく切ったチーズを隙間に詰め込んでいくレシピもありましたが、私はチーズをすりおろすことにしました。指定されたチーズの分量全てを入れることはできず、その3分の2しか入りませんでした。

それを250度のオーブンで約15分焼いてできあがりです。なかなかおいしかったです。

Shwarma King

今日は友人とShwarma kingというレンストランへ行きました。ここに行くのは2回目です。中東料理のビュッフェを一日中やっています。ビュッフェの他にもテイクアウトもやっているみたいです。前回行ったときに薦められて食べたハマスが美味しくて、それ以来ハマスが気に入ったので私の提案でこの店に行くことになりました。

近所に住む友人は私の車に乗って一緒に行き、もう一人の友人とレストランで合流しました。まずサラダとハマス、その他鶏肉や牛肉の炒めたもの等お皿山盛りに取りました。テーブルにピタブレッドがあらかじめ置いてあるのでそれにハマスをつけて食べると絶品です。他にも肉やライスを一緒に包んで食べると美味しいみたいですが、私は素材の味を味わうのが好きなのでピタとハマスのシンプルな組み合わせが好きです。

料理は酢を使う物が多いみたいでどれも酸味が強いです。あまり油っぽいものはありません。スープも2種類あって今日は野菜スープを試してみました。おいしかったけれども、やはり酸味が強かったのと、おなかがいっぱいになったので全部食べきれませんでした。デザートのようなものは刻んだパイナップルしかありません。別料金でココナッツクッキーを売っていますが、そこまでして食べたくないのと、食べる必要がないので食べませんでした。

ハマス欲が満たされたので当分は行かなくて済みそうです。次回はインド料理に行こうという話になりました。

ガスストーブ

クリスマスからガスストーブで調理していません。というのもクリスマスに料理をしていた際プロパンガスを使い切ってしまい、補充できないでいるからです。いつも補充するのはダンナの役目。でも彼はお店が開いている平日はたいてい仕事をしているため買いに行けてません。それなら私が行こうかとも思いましたが、家から40分ぐらいのとこへトラックで行ってプロパンガスの容器を運んで来ないといけないと聞き断念しました。そのため我が家の食生活はちゃんと調理されたものをここしばらく食べておらず、乱れています・・・。

まず朝食はシリアル。ミルクとシリアルがあれば食べることができるのでこれは楽にクリア。それでも末っ子は卵が大好きなので卵を焼いてあげられずかわいそうです。次に昼食。たいていサンドイッチ。チーズやらハムやらもしくはジャム系の物を作ります。

そして問題は夕食。夕食こそちゃんとした料理を食べたいと思うのですが、仕方ないので炊飯器でごはんだけ炊いて、後はレンジで温めて食べることができるものや、トースターで調理できる物を食べます。それでもいい加減マンネリ化してきます。ルクエも持っているのですが、電子レンジの電磁波が食べ物の栄養を損なうと聞いてからレンジは避けるようにしているため、最低限しか使っていません。

火で調理できないことがいかに不便なものか実感しました。早くプロパンガスを補充しておいしいものを作って食べたいです。

寒波

とてつもない寒波が来ています。ある記事によると命を驚かす20年ぶりの寒波らしいです。雪が降り始めたのは土曜の夜で月曜日の夜現在もひたすら降っています。明日になったらやむみたいです。

それだけ長い期間雪が降り積もったらどういうことになるのでしょう??大変です。今朝起きたらドアが開きませんでした。なぜかというとドアの外に大量に雪が積もり押して開けるドアが押せませんでした。仕方ないので少しずつ押して外へ出て、ドアの前付近をショベルで雪かきしてようやくドアが開きました。外はもちろん一面真っ白。我が家の薪のストーブは外にあるので薪を足しに行くためストーブに向かいました。しかしストーブにたどり着くまでにも雪かきしないと着きません。20メートルほどでしょうか。地道に雪かきして歩くスペースを確保します。場所によっては風向きのため私の膝ぐらいまで雪が積もっている箇所もありました。なんとかストーブに辿り着き、薪を追加して家に戻ります。短時間外にいるだけで鼻の中が凍るのが分かりました。鼻水が出ているわけでもないのに鼻の中の水分が凍るのです。短いまつげにも雪が積もります。手の指は軍手をしていても凍りつきそうでした。

数時間後にストーブをチェックしに行くとさっき雪かきした道がすでに埋もれつつありました。それなのでまた雪かきします。家の中では水道管が凍り、水が出なくなりました。それは義父にすぐ直してもらうことができました。

そんな様子で引きこもっています。