プール

友人の家に大きなプールがあるので子供達を泳がせるために遊びに行きました。この友人は日本人女性で私より年上なのですが、数年前に共通の友人を通して知り合ったことがきっかけで仲良くしています。しばらく連絡が途絶えたのですが昨年我が家のブルーベリー畑にブルーベリーを摘みに来たことがきっかけで、また連絡が再開し、今回のプールに遊びに行く話も進みました。

昨年までは義叔母の家のプールに行っていたのですが、義叔母夫婦は娘が大きくなってそのプールをもう使わないことから取り壊すことにしました。どうやらプールって税金もかかるみたいです。そのため気軽に行かれるプールがなくなって困っていたところでした。そんなときにその友人の家にプールがあることが分かって連絡をしました。

友人の家に遊びに行った日、長男はダンナと出かけていたので長女と末っ子の3人で遊びに行きました。その日はそこまで暑くなく、プールの水がとても冷たく感じられました。プールからあがると日向で日向ぼっこをし、体を温めてまたプールに入りました。

2時間ほどプールに出たり入ったりした後、友人の婚約者が魚を揚げるけど一緒に食べていく?と誘われ、お言葉に甘えて夕食までごちそうになって帰ってきました。友人の婚約者は魚釣りが趣味でその日揚げた魚も自分で釣ったものでした。長女は気分屋でその日は魚を食べたくないと言ったので他のものをつまんだだけでしたが、私は魚をたくさん食べて満喫しました。

楽しい一日でした。

ヘラクレス

Dwayne The Rock Johnsonの新作「ヘラクレス」を観ました。感想・・・なんだかとってもチープな映画でした。何がチープかというと台詞の言い回しだったり、演出がクサい点が多数あったからです。私はDwayne Johnsonが好きなので彼が主演という点で飽きずに観ましたが、これがどうでもいい俳優だったら見終えることができなかったと思います。ニコール・キッドマンにとても似ている女優も出ています。

ストーリーはヘラクレスの原作からかなりかけ離れたものでした。現代化されたというか、ヘラクレスに奥さんと子供ができてでもその家族を王に殺され、最終的に復讐をするという内容でした。それまでに任務を告げられ、敵と闘うけど、実は本当の敵は任務を告げた王だったりします。戦闘シーンはまあまあ迫力がありましたがそれでもやはりB級でした。家族が王に殺されたという事実は最後まで明かされず、周囲や本人はヘラクレス本人が家族を殺したものだと思い込まされていました。最後はその復讐を終え、ヘラクレスがヒーローになります。そのシーンもヘラクレスと仲間が後光を浴びながら宮殿の人を見下ろすというクサい演出でした。

長男は別の機会にこの作品をダンナと観ました。頭が3つあるオオカミが登場するのが怖かったらしく、夢にも出て来たみたいです。このオオカミは本当はヘラクレスの想像上の動物なのですがそれが7歳の長男には分からなかったみたいです。
一回観ただけで十分な作品です。もう二度と観る事はないと思います。

義祖母の死・続き

お通夜が無事に済んで、次の日はお葬式でした。葬式場がいっぱいになるほどの大勢の人が参列しました。おばあちゃんの人柄が現れているなと思いました。みんなに慕われていたのでお葬式に来る人もたくさん。

お葬式が始まるとまた涙が出ました。本当に亡くなってしまったのだな、もう会うことができないのだなと思うと悲しかったです。普段クールなおじいちゃんもこの日は背中を丸めて泣いていました。その姿を見てまたもらい泣き。義姉、義叔父、ダンナのスピーチを聞いてまた泣けました。5歳の甥っ子ももらい泣きをしていました。それを見た我が家の7歳の長男ももらい泣きを始め、そんなに小さくてどこまで現実が分かっているのか分かりませんが、子供でも死の悲しさが分かるのだなと少し感心しました。私はそんな小さいときに家族を亡くしたことはなかったので死ぬということをよく分かっていなかったと思います。

散々泣いてお葬式が終わり、お墓に移動しました。そこで最後のお別れです。そのときも泣きそうになりましたが、頑張ってこらえました。

自分に子供が生まれてからというもの、すっかに涙もろくなったと思います。小さい頃母と映画を観た際に、大したことない映画でも母が涙ぐむのを見て「なぜこんな映画で?」と思った事を覚えています。でも今の私なら当時の母と同じように涙ぐむと思います。

おばあちゃんの死の影響で色んなことを考えさせられました。残された者にできることは一日一日を大事に生きることだと思います。