通訳の仕事〜3日目続き〜

お酒を配ることで確かに客の量は増えましたが、お酒をもらうだけもらって行ってしまう人がほとんどでした。だから意味があったのかどうかよく分かりません。私は少し通訳をしたものの、都庁の方と世間話をして時間が過ぎました。その方は警視庁から派遣されている方でそんな人と話をする機会なんて滅多にないので貴重な経験になりました。それと同時に都庁がどのようにして交通渋滞を管理しているのかが勉強できて興味深かったです。通訳があまり必要でなかった、お酒が余っていたので最後の最後はお酒を配る手伝いをしました。ビール瓶とワイングラスを持って、道行く人にお酒を配りました。なんだかホステスみたいで嫌だな、女であることを売っているみたいで嫌だなと思いつつ短時間だったので仕方なくやりました。思えばこの仕事の条件は女性であることが一つだったので女性差別が少し入っているなと思いました。それでも楽しくお金を稼ぐ事ができたので文句は言いません。

3日目が無事終了し、もう一人の子と最後の晩餐をしようと計画していたのでこの日も一緒に帰りました。ホテルに戻り、着替えて30分ほど経ってから決めていたイタリアンのレストランに向かいました。中華と迷いましたが、イタリアンの気分だったのでそっちにしました。まずピーチパーマーというピーチエキスとレモネードと紅茶が混ざったドリンクを頼みました。お酒ではありません。とても美味しくて感動しました。

通訳の仕事〜3日目〜

2日目の夜はパソコンで少し作業をしたかったのですが、Wi-Fiが混み合ってるのかスピードが遅くてじれったかったので諦めてテレビを見ました。くだらない内容のテレビ番組をずっと見ていました。子供に見せたくない内容も多く、我が家にケーブルがないのは賢い選択だと改めて思いました。

3日目は2日目と同じ時間に起きました。もっと遅く起きようかとも思いつつ、やはり渋滞が嫌なので5時半起きです。それでも出かける準備は前日よりゆっくりしました。治安が悪い場所なのでホテルの部屋のクリーニングをずっと断りました。いくらクリーニングだからといって他人が入って何かが盗まれるといけないとダンナに注意されたからです。

会場に着き、この日はパソコンを持参したので昨夜できなかった作業の続きをしました。前日ホテルでスコーンを買っておいたのでこの日はコーヒーショップでラテだけ買ってラテとスコーンを味わいながらパソコン作業に没頭しました。おかげでとてもはかどりました。

そうこうしているうちに仕事開始の時間になったので3日目の仕事を始めました。もう周囲とだいぶ顔なじみになり、他の会社の通訳さんと話をしたりして楽しく時間が過ぎました。3日目は客誘致のために会議が終わる1時間半前から日本ブースでお酒を配ることになりました。客が増えたとき用に私は都庁ブースの通訳担当を任され、もう一人はお酒を配る係、もう一人は別の会社の通訳につきました。

通訳の仕事〜2日目仕事終了後〜

仕事が終わり、同じ受付の仕事の子が私のホテルの目の前のモールで買い物をしたいというので一緒に帰りました。どうやら仕事用の靴を買いたかったみたいです。私はとりあえず着替えたかったので彼女をモールで降ろし、ホテルに戻りました。夕食をどうしようか考えたときに前日はちゃんと食べなかったし、レンストランに行ってみようと思い、またモール近辺に行きました。良さそうなレストランが3軒あり、迷った結果「べにはな」という鉄板焼き屋に決めました。「べにはな」はアメリカでは割と有名で、我が家の近くにはありませんが都会にはよくあるみたいです。値段は少し高めで普段子連れだったら絶対に行かないような店なので尚更行ってみようと思いました。

結果・・・サービスが最悪でした。この「べにはな」の立地条件がいけないのだと思いますが、スタッフは黒人が90%、髪を赤く染めた白人女性のウェイトレスが適当にサービスしたのでチップは少なめにしました。もともと他の日本人グループと相席にされたのですが、疲れた体で鉄板焼きのパフォーマンスを見る、そして知らない日本人に話しかける気力もなく、個人のテーブルに移動させてもらいました。隣にいた黒人カップルなんてずっとクレームをつけていました。食べ物自体はまあまあでした。でもそこまで感動はしませんでした。それなので少しがっかりしました。経費で担当の会社が払ってくれるので仕方ないと思えましたが、自腹で払っていたら全く満足はしなかったと思います。

通訳の仕事〜2日目以降〜

仕事2日目は前日に比べると遅く起きて出かけたものの、それでも5時半に起きて6時過ぎに出かけました。前日との出発時間の差は約30分。それでも交通量は明らかに増えていました。こうしてどんどん渋滞が始まっていくのだなと思いました。同僚も通常30分で着く場所はラッシュの時間は1時間みておいた方がいいとタクシーの運転手に言われたそうです。こんな渋滞の中毎日通勤する人は大変だなと同情しました。

さすがに二日目は駐車場もすぐ分かり、受付のお姉さんと顔見知りになりました。またまたいい場所に駐車をし、会場に上がりました。少し時間を潰してからこの日もコーヒーショップへ。この日はマフィンを食べました。この日の集合時間は8時40分でそれまでのんびり過ごしました。その時間ホテルで寝ていられたらどんなにいいかと思いつつやはり渋滞で焦って運転するのは嫌なのでやはり早起きをして良かったと思い直しました。

仕事としては二日目はテープカットもなく、前日よりもゆっくり時間が過ぎました。しかし仕事時間が前日より短かったのでそんなに苦ではありませんでした。仕事内容にも慣れ、余裕が出てきました。顔見知りの人が少しずつ増えたり、他の人と話す機会が増えて社交面で充実しました。お昼ご飯はこの日はクレープを食べました。カレーがもう閉まっていたので仕方なくクレープを選びました。味があんまり美味しくなく、がっかりしました。

そうして2日目も無事に済みました。