ココナッツオイル

ココナッツオイルのことを知ったのは数年前のことです。私はココナッツが嫌いなので当時はココナッツの風味がするココナッツオイルを毛嫌いしていました。しかしダンナはそのココナッツオイルを使ってスクランブルエッグ等を作り、そのたびに嫌気がしていました。

今になって自分なりに色々情報収集をしたところ、ココナッツオイルが体にいいということを学んだので少し見直してみることにしました。初めて自分で買ったココナッツオイルはそこまで風味のしない加工されたものでした。しかし加熱、加工されたものは効能が下がると後から知り、そのオイルをなるべく早く使い切りました。次に買ったココナッツオイルは1番効能があるものが欲しかったため、加熱・加工されていない極めて純粋なココナッツオイルを自然食品屋で買いました。ココナッツオイルは現在流行っているので種類やブランドがたくさんあり、全部見比べて決めました。結局Dr.Bronnersという石けん等で有名な会社のものを選びました。

このココナッツオイルはココナッツの風味がぷんぷんします。だからココナッツ嫌いの私には少しキツいのですが、体にいいから・・・と自分に言い聞かせて使っています。調理に使ってもいいし、体につけて保湿することもできます。しかしあまりに色々な効能が証明されてきているため、政府が更なる審査を必要としていると聞きました。政府は人々が薬品や薬ではなく、自然の物を使い始めていることが気にくわないのです。私はこのことに憤りを覚えます。