またしてもコストコ

今日もコストコに行ってきました。必要な物はちらほらあったものの、絶対行かなくてはならない!というわけではありませんでした。それなのに行ってしまいました。コストコにハマりつつある自分がこわいです。

今日は金曜日なので試食ブースが出ている日でした。週末ほどではありませんが、結構混んでいました。以前平日の閉店間際に行ったらガラガラだったのでもしかしたみんな試食を狙っているのかもしれないと思いました。今日の試食は、アボガドのディップ、ミートボール、ハンバーガー、ブレンダーで作った野菜ジュース等がありました。試食をすると味が分かるので美味しければ買ってみようかなと確かに思います。そうでないと大容量の品物を買う気にはあまりなりません。そうやって普段の自分なら買おうと思いもしないものも買ってしまって、まんまと戦略にハメられているなと思います。今日は冷凍ピザの試食もやっていて、そのピザはみんなが次から次へとカートに入れていました。試食の効果大だなと思いました。

結局買いたかったものは見つからず、別の物を60ドル分も買ってしまいました。スモークサーモン、缶詰の豆、トマトソース、トマトピューレの缶詰、子供のおやつ(ビスケット)、冷凍餃子、りんご等。どれも使うものなので仕方ないと思いつつ、60ドル払うとき財布が痛いと思うのでした。晩ご飯を作る気がしなかったのでそのままコストコのフードコートで済ませんました。10ドルの大きなピザを一家で分けます。レストランに行くより断然安上がりです。

運転

私は運転することがあまり好きではありません。現在住んでいるところは車がないとどこにも行かれないので仕方なく運転しますが、必要なければ運転はしたくありません。もともと両親はペーパードライバーで車を運転することは全くなかったので小さい頃から「運転は必要ない」という意識を持ったのかもしれません。

まだダンナと結婚する前、運転の練習を見てもらいました。私は今振り返れば不思議なのですが「運転=怖い」と思い込んでいて少し前進するだけでもビクビクしました。ダンナは農家で育ち小さい頃からトラクターやら様々な重機を操縦してきたので私とは正反対の境遇です。だから私がなぜ運転をするのが怖いのか分かってもらえずイライラしました。

こりゃ無理だ、と思った私は日本に戻った際に教習所で一から教わって免許を取るしかないと思いました。そしてその通りにしました。教習所は実技を始める前に交通規則等を教室で授業のように習うのでいきなり車を運転するわけではなく私には受け入れやすかったです。ある程度車の知識がついたところで実技も始まる、その頃には私の恐怖心はだいぶ消えていました。

大学に通いながら、バイトに教習所に忙しい毎日を過ごしました。それでもコツコツ通って大変だと聞いていた筆記の試験も1回で受かりました。日本で免許を取ってそれをアメリカに戻ってきたときに書き換えました。そしたらアメリカでの運転が簡単なこと。道は広いし初めの恐怖が嘘のようでした。お金はかかりましたが、教習所に通って良かったと思います。

スキー誘致

北海道がアメリカで「スキー天国」として知名度をアップさせスキー客を誘致しようと力を入れているというニュースを読みました。ロサンゼルスで行われたスキーとスノーボード関連の展示会に北海道ブースを設置したそうです。

私はスキーはしますが、残念ながら北海道でスキーをしたことはありません。それなので北海道のスキー状況が分かりません。こうして海外に誘致をかけることはいい点がある反面、悪い点もあると思います。まずいい点は海外から客を呼び込むことで経済効果アップ、日本の誘致にもつながる、日本をもっと知ってもらうきっかけになることです。その一方で悪い点は外人が増えることで治安、マナーが悪くなる、もともと北海道でスキーをしていた人たちが新たなよそものを嫌がるかもしれない等です。

もし北海道が経済効果アップを狙うために誘致をしているのならこういうイベントに出展することはいいと思います。しかし誘致に失敗したら出展のための費用が無駄になります。成功したら北海道まで来たのだから他の地域にも行ってみようと思う旅行者が増えるかもしれません。そしたら国全体の経済力アップにつながります。
外人が増えることで治安、マナーが悪くなると書きましたが外人が嫌いなわけではありません。ただマナーに関しては日本の水準が高いので外人がそれを守れるとは限らないと思うだけです。
そのためこの誘致のニュースは嬉しい反面、心配な面もあります。どういう結果が出るのか興味があります。

マクドナルドの改装

近所のマクドナルドが改装工事をしていました。約2週間以上かかったと思います。その期間ドライブスルーは開いていたものの、店内は閉鎖されていました。もともと小さめのマクドナルドなのでプレイエリアができることは期待していませんでした。マクドナルドはWi-Fiがつながる最も近所の公共の場所なので時間を潰すときとかに利用します。

改装工事中、何回か時間を潰す機会があり、でも店内に入ることができないので駐車場に駐車してWi-Fiの電波を利用するケチなことをしていました。ドライブスルーで何かを買えばケチではありませんが、それもしませんでした。

改装工事が終わり、毎週水曜の夜、子供が用事の間時間を潰すことになりました。工事が済んだ店内にドキドキしながら入ってみると・・・失望。改装する前の方が明らかに良かったです。改装する前はほとんどがブース席で席と席の間に高めの壁があり、プライバシーが守られる感じだったのに、改装後はその壁が全て取り払われ大きな一つのフロアに席がある感じになりました。ブース席は2つしかなく、壁がないのでプライバシーが全くありません。

このマクドナルドの客層は幅広いです。家族連れから学生、大人まで色々います。水曜の夜はたいてい高校生ぐらいの子供達がたむろっている感じです。そういう客層にとっては一つのフロアという設定でも構わないかもしれませんが、私は以前の壁で席が分かれていた設定の方が好きです。

Wine & Canvas

先日、友人に誘われてWine & Canvasというイベントに参加してきました。このイベントここ数年、結構流行っているみたいです。義姉も数年前に参加したことがあります。内容はワインを飲みながらみんなで絵を描くというものです。費用は35ドルで、絵の具、キャンバス、筆等必要な物がすべて用意されます。

日によって描く絵が違うのでまずどの絵を描きたいか決めます。一ヶ月に20日ほど開催されています。毎回開催される場所が違いますが、たいていレストランで開かれます。今回友人と選んだ絵は雪山にクリスマスツリーが並んでいる風景です。パッと見た感じだととても難しそうなので本当に自分にその絵が描けるのかと不安になりましたが、過去の参加者の写真をみる限りみんな上手に同じ絵が描けているので心配sするのをやめました。

イベント当日、開催場所であるレストランに入ると一角がそのイベント用スペースになっていました。キャンバスがズラっと並んでいて楽しい雰囲気が感じられました。友人の隣に座り、イベントが始まるのを待ちました。ワインは料金に含まれていないので飲み物は別に頼みます。そうこうしているうちにイベントが始まりました。インストラクターの指示に従い、絵を描いていきます。どの筆を使うか、どの色を使うかちゃんと説明してくれるので言われた通りに描きました。それでもそれぞれ個性が出ます。友人は自分の完成品に満足していませんでしたが、私は満足しました。見本に近いものに仕上がったと思います。また参加してみたいです。

うまうま白菜サラダ

クックパッドに載っていた白菜サラダを作ってみました。白菜がたくさんあってあまり消費できていないなと思っていた矢先にこのレシピを発見し、サラダで白菜の大量消費ができると書いてあったのですぐに作ってみようと思いました。

材料はたったの数個!塩、白菜、ハム、マヨネーズ、ポン酢、こしょうだけです。その材料が全部我が家にあったことも作ってみようと思ったきっかけの一つでした。

レシピは3〜4人分で紹介されています。
白菜 4分の1個
ハム 5〜6枚
マヨネーズ 大さじ2
ポン酢 大さじ1.5
胡椒 少々
塩 ひとつまみ

まず白菜を1センチ幅に切り、塩揉みをして10〜15分おいてしんなりさせます。その間にハムを白菜より細めに切っておきます。塩揉みした白菜の水気をしっかり切って材料を混ぜる用のボールに入れます。ハム、マヨネーズ、ポン酢、こしょうを加え、混ぜたらできあがりです。

3〜4人分も必要ないので量を約4分の1にして作ってみました。私はマヨネーズがあまり好きでないのでポン酢にマヨネーズの組み合わせは不安でした。マヨネーズ抜きでやってみようかと思いました。しかし結局レシピ通りに作ったところ、自分でもびっくりしたことにマヨネーズ+ポン酢のコンビネーションは美味しいことが分かりました。前にも味噌とマヨネーズを混ぜた組み合わせを半信半疑で作ったら美味しかったのを思いだしました。子供達はおそらく食べないと思ったので多少無理しつつ、一人で全部食べました。また作ろうと思います。

コストコ

日本でも流行っているコストコですが、近所になかったため数ヶ月前まで私はコストコに行ったことがありませんでした。違う系列の大型スーパーはあるのでそこには行ったことがありましたが、品揃えや値段等あまり魅力的でなかったので会員にはなりませんでした。しかし去年の10月にコストコが近所にオープンしました。オープン前には郵便にチラシが入るようになりました。もともと興味があったコストコ、ウキウキしながらオープンを待ちました。オープン前に会員カードを作る特設テントが設けられたのですが、毎日行列ができたみたいです。私は行列に並ぶのも嫌だったし、品揃えを実際に見てからでないと本当に会員になるのかどうか決めたくなかったのでオープンを待ちました。

そしてオープン。毎日毎日とても混んでいたみたいです。ある日曜日会員である義母について中に入ることができました。もう一つの大型スーパーと雰囲気はほとんど同じです。しかし品揃えが全く違います。友人から噂には聞いていましたがコストコはオーガニックのものが豊富です。なるべくオーガニックの物を買おうとしている私にとってこれは魅力的でした。結局私とダンナはオープンしてから3週間後ぐらいにやっと会員カードを作ったのですがそのときですら少し並びました。

コストコは週末には味見のブースがたくさん出て、店を1周して味見をするだけでおなかがいっぱいになります。「この商品をこの値段でこんなに!」と思ってあれもこれも買うと結局大出費になりがちなので危険です。

ココア

ここ2、3日マイブームなことがあります。それは寝る前にココアを飲むことです。私はコーヒー、紅茶、ココア、お茶等温かい飲み物が大好きです。現在住んでいるところは冬はとても寒いので特によく温かい飲み物を飲みます。ここ数週間は比較的暖かい方ですが、それでも今シーズンは大きな雪嵐がすでに2回やって来ました。そのときは上から下まで着込んで2時間に1杯ペースで温かい飲み物を飲んでいました。

寝る前にココアを飲もうと思った理由は、ただ単にココアが好きだからです。でもそれだけではありません。カルシウム摂取アップのために牛乳をもっと飲もうという目標をたてたのですが、アメリカの牛乳は味が薄く、何か味をつけないと飲みにくいためココアを選びました。寝る前というタイミングは、子供が寝てからやっと一息つくことができるので気分を落ち着かせるためにもその時間帯になりました。

ココアといっても市販の粉は使いません。市販のココアの粉には保存料や砂糖、名前を読むことができないような原料が入っているからです。先月義母にオーガニックのココアの元をもらいました。オーガニックのココアは普通の粉に比べたら質はいいと思います。味も美味しいです。でも砂糖が入っています。それなので私はミルクを温めてメープルシロップ、ココアパウダー(お菓子に使うような無糖タイプ)を入れて混ぜて自己流のココアを作っています。メープルシロップは砂糖ですが、ミネラルが入っているため普通の砂糖よりは健康的だと思います。

行き場のない怒り

先日久しぶりにとても腹が立つ事件がありました。

ことの始まりは先月、15日に日本に荷物を送ったところから始まります。たいて日本に荷物を送ると数日で届きます。しかしその荷物が今になっても届いていないのです。荷物が行方不明になったことは今までにないし、保険をかけると高い郵送料金が更に高くなるのでたいていかけません。そのためどうすることもできないと思ってひたすら日本から荷物が届いた、という連絡を待つのみでした。

しかし郵便局からのレシートにトラッキングナンバーがついていたことに気づき早速ネットで荷物が今どこにあるのか調べてみました。すると12月16日に最寄りの大都市に届いたところで記録が止まっています。それ以上ネットでは調べられないので郵便局の総合案内に電話をしました。すると長い間待った後、インド訛りの英語を話すオペレーターにつながり事情を話すものの、国際郵便はそのオペレーターの担当でないと言われ、また長い間待たされました。そしてやっと担当者につながりました。

その人が詳細に調べてみたところ、問題点は私が荷物を出したときの郵便局員が国コードを間違えて入力し、その間違えた国に荷物が発送されたのだろうとのこと。しかも間違った国とはヨルダン。今もめている地域のすぐ側です。それを聞いたとき呆気にとられました。確かに荷物を扱った郵便局員は国際郵便に慣れていないおじさんでした。それにしてもそんな致命的なミスを犯すなんて・・・。

いまだに怒りがおさまりません。

じゃこごはん

日本人の友人の家に行ったとき梅干し入りのじゃこごはんが出されました。そのじゃこごはんがとても美味しく、懐かしかったので自分でmも作ってみようと思い、いつも行くアジア食品屋で探してみました。自分では見つけることができなかったので店員に聞いてみると「日本人はたいていこれを買っていくわよ」を言われた冷凍の魚の箱詰めを薦められました。その魚を見てみると確かに調理する前のじゃこのようにも見えますが、じゃこにしては長すぎるなと思いました。それでも買ってみることにしました。

その後冷凍庫にその魚をしまったきり、すっかり忘れていました。冷凍庫を整理しているときにその魚を発見したので解凍して使ってみることにしました。解凍するとやはりじゃこには見えません。箱にはSilver Fishと書かれていて、辞書で検索しても日本名は出てきませんでした。中国産みたいです。生で食べてみると魚の味はするけどじゃこではありません。調理してじゃこのように小さくなってくれることを期待して炊飯器で白米と一緒に炊きましたが、炊きあがった魚は姿、形、そのまま。味見をしてみるとただ生臭いごはん・・・という感じです。家族はなんとか食べてくれましたが、まだまだ余ったその魚をどうしようかと思います。扱い方が分からない魚なので調理法も分からないし、レシピもないし。でも結構高い値段を払ったので捨てるのももったいないし。とりあえず二度と買わないことは決定です。