スキー誘致

北海道がアメリカで「スキー天国」として知名度をアップさせスキー客を誘致しようと力を入れているというニュースを読みました。ロサンゼルスで行われたスキーとスノーボード関連の展示会に北海道ブースを設置したそうです。

私はスキーはしますが、残念ながら北海道でスキーをしたことはありません。それなので北海道のスキー状況が分かりません。こうして海外に誘致をかけることはいい点がある反面、悪い点もあると思います。まずいい点は海外から客を呼び込むことで経済効果アップ、日本の誘致にもつながる、日本をもっと知ってもらうきっかけになることです。その一方で悪い点は外人が増えることで治安、マナーが悪くなる、もともと北海道でスキーをしていた人たちが新たなよそものを嫌がるかもしれない等です。

もし北海道が経済効果アップを狙うために誘致をしているのならこういうイベントに出展することはいいと思います。しかし誘致に失敗したら出展のための費用が無駄になります。成功したら北海道まで来たのだから他の地域にも行ってみようと思う旅行者が増えるかもしれません。そしたら国全体の経済力アップにつながります。
外人が増えることで治安、マナーが悪くなると書きましたが外人が嫌いなわけではありません。ただマナーに関しては日本の水準が高いので外人がそれを守れるとは限らないと思うだけです。
そのためこの誘致のニュースは嬉しい反面、心配な面もあります。どういう結果が出るのか興味があります。

マクドナルドの改装

近所のマクドナルドが改装工事をしていました。約2週間以上かかったと思います。その期間ドライブスルーは開いていたものの、店内は閉鎖されていました。もともと小さめのマクドナルドなのでプレイエリアができることは期待していませんでした。マクドナルドはWi-Fiがつながる最も近所の公共の場所なので時間を潰すときとかに利用します。

改装工事中、何回か時間を潰す機会があり、でも店内に入ることができないので駐車場に駐車してWi-Fiの電波を利用するケチなことをしていました。ドライブスルーで何かを買えばケチではありませんが、それもしませんでした。

改装工事が終わり、毎週水曜の夜、子供が用事の間時間を潰すことになりました。工事が済んだ店内にドキドキしながら入ってみると・・・失望。改装する前の方が明らかに良かったです。改装する前はほとんどがブース席で席と席の間に高めの壁があり、プライバシーが守られる感じだったのに、改装後はその壁が全て取り払われ大きな一つのフロアに席がある感じになりました。ブース席は2つしかなく、壁がないのでプライバシーが全くありません。

このマクドナルドの客層は幅広いです。家族連れから学生、大人まで色々います。水曜の夜はたいてい高校生ぐらいの子供達がたむろっている感じです。そういう客層にとっては一つのフロアという設定でも構わないかもしれませんが、私は以前の壁で席が分かれていた設定の方が好きです。