運転

私は運転することがあまり好きではありません。現在住んでいるところは車がないとどこにも行かれないので仕方なく運転しますが、必要なければ運転はしたくありません。もともと両親はペーパードライバーで車を運転することは全くなかったので小さい頃から「運転は必要ない」という意識を持ったのかもしれません。

まだダンナと結婚する前、運転の練習を見てもらいました。私は今振り返れば不思議なのですが「運転=怖い」と思い込んでいて少し前進するだけでもビクビクしました。ダンナは農家で育ち小さい頃からトラクターやら様々な重機を操縦してきたので私とは正反対の境遇です。だから私がなぜ運転をするのが怖いのか分かってもらえずイライラしました。

こりゃ無理だ、と思った私は日本に戻った際に教習所で一から教わって免許を取るしかないと思いました。そしてその通りにしました。教習所は実技を始める前に交通規則等を教室で授業のように習うのでいきなり車を運転するわけではなく私には受け入れやすかったです。ある程度車の知識がついたところで実技も始まる、その頃には私の恐怖心はだいぶ消えていました。

大学に通いながら、バイトに教習所に忙しい毎日を過ごしました。それでもコツコツ通って大変だと聞いていた筆記の試験も1回で受かりました。日本で免許を取ってそれをアメリカに戻ってきたときに書き換えました。そしたらアメリカでの運転が簡単なこと。道は広いし初めの恐怖が嘘のようでした。お金はかかりましたが、教習所に通って良かったと思います。