義祖母誕生日

今日はダンナの母方の義祖母の誕生日の集まりでした。義母から「1時〜1時半の間に来て」と言われたので1時半前に着くと義祖母の他に3人しか来ておらず、肝心の主催者の義母と義叔母は2時前まで現れませんでした。呆れました。なんて時間にルーズなんだ、と。私は自分で子供の誕生日パーティを企画したとして数分でも開始が遅れたら気をもむのに、ダンナの家族はこんなことがしょっちゅうです。時間通りにパーティが始まったことなんてありません。だから時間通りに着いた私はいつもイライラします。そして損した気分になります。

やっと食べ物が揃い、みんなでごはんを食べ始めました。チリ2種にフルーツサラダ、デザートが数種類という簡単な食事でした。義祖母のダイニングエリアはそんなに広くないのですが、15人以上が参加したのでぎゅうぎゅう詰めでした。子供達は従兄弟達と遊ぶのを満喫し、大人は話に花を咲かせたのでした。義祖母はパズルが好きなので新しいパズルが開いていて私はしばらくそれに没頭しました。私はパズルが好きなので自分も年になったらパズルをやってボケ防止をしようと思います。

私が曾孫ができるような年齢になったら、プレゼントはなくてもこうやって家族全員が集まって一緒にごはんを食べるだけでもいい誕生日だなと思うことができると思います。我が子が自分のためにみんなに声をかけて集まりを開くことはとても嬉しいと思います。家族を大事にしようと改めて実感した集まりでした。