ジャム作り

先日いちご狩りに行って大量にいちごを収穫したのでそのいちごを使ってジャムを作りました。毎年ジャムを作るので今年もそのつもりでたくさん収穫したのです。ジャム作りは簡単なのですが、手間がとてもかかります。私が作るジャムは煮詰めないタイプなのでその点は楽ですが、いちごを細かく刻まないといけないのでそれに1番時間がかかります。

まずいちごを洗ってヘタを取ります。そこから細かく切る作業は子供達にも手伝ってもらいました。最初は喜んで手伝ってくれましたが最後の方は飽きて辞められました。それなのでそこからは私一人でコツコツいちごを切りました。小さく切れたら今度はそれを潰します。そうしてグチョグチョの状態にします。果肉があまり残らないほど潰したかったのですが、それも大仕事で結局半分くらいは果肉が残ってしまいました。

あらかじめ砂糖とペクチンを混ぜておいてそれを潰したいちごに合わせてまた混ぜます。砂糖の量は1回目は半分にしたのですが、いちごが新鮮で甘いからかとても甘いジャムができました。そのため2回目以降は4分の1の量の砂糖を入れました。それでやっとちょうどいい甘さになりました。

結局4回その作業を行い、15瓶ほどのジャムができました。できたジャムは冷凍庫保存しなければいけません。煮詰めて真空状態にしたジャムは常温保存もできますが、私の作ったジャムはできません。ジャムはヨーグルトに入れたり、パンにつけたりたくさん使うので来年までもってくれるといいなと思います。

近所の温室が毎年春先から花や植物を売ります。いつも気になっていたのですが、実際に買ったことはありませんでした。去年引っ越してから初めて新居で過ごす春なので今年はきれいな庭にしたいと思い、数ヶ月前に花の種や球根をいくつか植えました。しかし日当たりが悪いからかあまり育っていません。それなのですでに大きい苗を買うしかないと思いました。そんな矢先、その温室がそろそろ閉まる時期なのか全ての商品が半額というニュースをFACEBOOK上で知りました。そのため近くを通りかかったときに初めて寄ってみました。

その温室はもうすぐ閉まるという気配は全くなく、まだまだたくさんの花や野菜、ハーブの苗がありました。ピーマンの苗等気になりましたが、ピーマンは自分で育てなくても比較的安く野菜スタンドで購入することができるし、あまりたくさん収穫しても使い道が困るので買いませんでした。そしていつも気になっていたhanging Basketというベランダや外のドアのところから吊るすことのできる花の苗を買うことにしました。種類がたくさんあって、どの種類にするか散々迷ったあげくようやく花が決まり、今度はどの苗が一番元気で綺麗かを検討しました。

さっと寄ってさっと帰る予定が結局30分以上その温室にいた気がします。しかし買った苗はダイニングテーブルから毎日見え、外を走る車からも見えて満足しています。来年も花が咲くのか分かりませんが、新たな習慣になりそうです。