大統領選挙

今更ですが選挙ネタです。私はアメリカで生まれたため市民権を持っています。だから選挙権もあります。4年前もそうでしたが今年もちゃんと選挙に行きました。正直「自分の1票なんて影響ない」と思っていましたが「どんな1票でも大事な1票」と4年前に散々広告されたのを信じ、ちゃんと投票することにしました。

4年前。田舎町の会場にダンナと投票に行くと周りのおじいさん、おばあさんに「あなた達みたいな若い人がちゃんと投票に来て嬉しい」と言われたのが印象的でした。そして今年。同じ会場に行くとやはり年寄りが多いものの、赤ちゃん連れのカップルや学生のような若者、幅広い世代が来ていました。4年前と1番違ったこと。投票するまでの待ち時間。今年は1時間以上並びました。それだけ多くの人が投票に来たのです。4年前は免許を見せてさっさと投票して終わったものの、今年は長蛇の列に並び、投票自体は10分ほどで終わるものの計1時間半ほど会場にいました。その後予定があったのですが、投票のせいで遅れました。

他にも4年前は投票に登録している人の名前リストが印刷された分厚い本でしたが、今年はデジタル化されパソコンに変わっていました。

場所によっては投票するのに3、4時間も待つところもあるそうです。そこまで待って投票したくないと私は思いますが、みんなちゃんと待って投票するので偉いと思います。私の投票会場でも長蛇の列を見て「まいっか」と帰ってしまう人はいなかったのでみんな真剣に選挙を捉えているんだと実感しました。