化粧 

アメリカに来て、そして田舎に来て化粧はすっかりしなくなりました。仕事していたときは眉毛は描いてアイシャドウも少しつけていましたが、それもなくなった今完全にすっぴんの日もたまにあります。恥ずかしいといえば恥ずかしいけど、子供がいてそんな暇がないのと周りもメイクしない人が多いためそうなってしまいました。

留学していたときに冬休みを利用して10人ほどの団体でボランティア旅行に行きました。他州にある養護施設で手伝いをしたのですが、帰る前夜にドレスアップして食事に行くことになりました。私以外アメリカ人だったのですがそのときの女子の変貌ぶりにびっくりしました。みんなほとんどすっぴんだったのにその食事のときは完全メイクをし、派手な顔がさらに派手になっていたからです。フォーマルな食事があることは知っていましたがそこまで気合入れるものとは知らず私一人浮いていました・・。アメリカ人学生は授業のときはすっぴんが多いのですが、パーティのときは一変して完全メイクになります。日本との違いはそこです。

仕事の元同僚でアイラインを毎日しっかりしている人がいました。ある日その人が遅刻をし、ふと顔を見ると全く化粧をしていません。いつも黒のアイライナーで囲まれた目がすっぴんです。正直別人でした。彼女もその日は一日気まずそうにずっとうつむき気味でした。

化粧は自分を良く見せるためにするものであって、する前とした後があまりに別人になってしまうようには私はなりたくないと思います。