ブラックフライデー(販売する身)

今年の夏まで働いていた仕事は販売店でした。前回紹介したブラックフライデーに大きく影響されます。ブラックフライデー自体は11月の4週目ですが、ハロウィンが終わった途端にブラックフライデーの準備に取り掛かります。会社からブラックフライデーのチラシが店長に送られてきてその内容は企業秘密なので数人しか見ることが許されませんでした。このチラシは公には木曜まで公表されてはいけないのです。

11月頭からブラックフライデーにセールになる商品がたくさん店に送られてきます。それを倉庫のどこに保管しておくか、フロアのどこに置くのか等なんでもないようで実はとても重要な決断を次々にしていきます。他にもブラックフライデーのシフトを考えたり、誰に何をやらせるのか等社員と店長にたくさんの責任がかぶさってきます。

私は結局このブラックフライデーを7回経験しました。大変なようであまりに混沌として楽しいと感じるときもありました。この日ばかりは従業員みんないつもと違うテンションで働きます。毎年おいしい食事が褒美、景気づけに休憩室に用意されました。この販売店は普段は割りと客層がいいのですが、ブラックフライデーは悪い客層も足を運び、客の質が悪いことに毎年気づきました。開店前に出勤する年は外にできている長蛇の列を冷ややかに見ながら出勤し、開店と同時にカートを押して目当てのテレビまで走る客を呆れながら見ました。

今年はこの混乱に巻き込まれず本当に良かったと思います。