Scorpion King 3

Scorpion King 3を観ました。オリジナルはザ・ロックが主演の有名作品です。しかしこの作品に彼は出ていません。正直なんで3なんて作ってしまったのだろう・・・と思うクオリティでした。

まずストーリーがしっかりしていない。そして有名な俳優が誰もいない。全てが安上がり的な映画でした。ダンナも「これは二流映画だな~お金かかってないな~」と途中でボヤいていました。砂漠が舞台で主人公がさらわれたお姫様を取り戻して国に連れて返します。途中で忍者が出てくるシーンが多々あります。でもその戦闘シーンもメリハリがないというか、あるシーンの悪者の動きを見ていたら子供の格闘ごっこにしか見えずつい笑ってしまいました。手を前後させてパンチパンチとしているだけだからです。他にも悪者をちやほやする娼婦達の笑い方等、あちこちで気に障るシーンがありました。唯一感動したこと言えば、お姫様をさらった悪者がタイタニックの悪者の人(名前分かりません)なのですが、彼が全然変わっていないこと。10年以上経ったはずなのに全く同じです。そして相変わらず憎たらしいです。彼は悪者を演じるのが上手なのでしょう。悪者しかやらせてもらえないなんてかわそうだな、とふと思ってしまいました。

忍者を登場させたり微妙にアジアを取り入れていますが、日本人の私からすればツッコミを入れたくなるようなシーンばかりでした。せっかくのScorpion King評判が悪くなる逆効果の作品です。