カントリー音楽

ダンナと車に乗ると、どのラジオ局の音楽を聞くかでたいていケンカになります。ダンナはもっぱらカントリー音楽、私はポップが好きだからです。結婚する前はダンナもポップとか聞いていたのに、いつからか好まなくなりました。カントリーももともと好きで今ではそれしか聞きません。

カントリーは私はあまり好きじゃありません。今ではだいぶ慣れたものの、全部同じに聞こえるし馴染みがないというか聞いてて面白くありません。でもアメリカではカントリーって結構人気です。カントリーの音楽フェスみたいなものもあるし、オーディション番組にもよくカントリーで勝負する人を見かけます。

ダンナに言わせるとポップこそ内容が乱れたものが多いし、全部同じに聞こえるらしいです。確かに内容に関しては同感です。リズムや響きがいいと思っても内容に注目すると下品だったり、乱れていたり。子供の教育にも良くないので私も子供が一緒のときはポップはあまり聞かなくなりました。普通のラブソングならいいのですが、浮気をしただの、もう別れるだのそういう音楽は聞いてて疲れます。だから私は自分の日本のCDとかクラシックを主に聞くようになりました。子供がいるときは日本語の勉強のためにも童謡CD等。

年を取るってこういうことにも影響するんだなと思いました。昔はノリが良ければどんな内容だろうと好んで聞いていたのに、今では音楽を聞いて不愉快になったり疲れます。数年後にはカントリーを好んでいるかもしれません。