20ドルの使い道

ある雑誌の記事で「今年最も有効な20ドルの使い道」という記事を見つけました。気になったので読んでみました。

色々な使い道が紹介されていたのですが、1番気に入ったのは「誰か身近な人にランチ、もしくはコーヒーをごちそうする」です。いいアイディアだなとその時点で思いましたがさらに読んでみました。その雑誌曰く、「人のコネは人生の目的地にたどり着くための1番の近道だから」だそうです。誰かとゆっくり話すことで新たな機会や新たな出会いに巡り会えるというのです。そして幅広い友人、知人、コネを持つ大人は50%以上周囲よりも長生きする可能性があるというのです。

確かに私も友人と食事をしたことで世界が広がったり、共通の知人を見つけたり、相手のビジネスを手伝うことになった経験があります。そして人のコネは大事だと思います。何かあったときに意見を聞くことや、誰かを紹介してもらう扉が開けるからです。だからこの記事には共感します。でもそのために誰かに食事をおごるっていうのは相手には見えなくても下心が見え見えで私は嫌です。そうではなくて大事な友人だから、長くつき合いたい人だから、お世話になっているから・・という気持ちでおごりたいものです。

今年の誕生日に元部下と食事をしたら彼女が思いがけずおごってくれました。その理由ははっきり分かりませんが私を慕っているから、世話になったからという気持ちがあると思います。私もそのように大事な人に食事をおごるよう心がけたいです。