マッサージ

先日、以前グルーポンで購入したマッサージに行ってきました。このグルーポン、7月で期限が切れるので夏休みで忙しくなる前に使っておこうと思って予約しました。

サロンの説明、宣伝にはキレイな写真が使われて、いかに高級な装いのサロンなんだろう、奇抜な人ばかりで入りにくかったらどうしようと色々心配していました。しかし着いてみてどっこい、外観はアメリカによくある大型コインランドリーのような並びに入っていて、サインも古くさくて小さく、2回も通り過ぎました。私が想像していたのは華やかなネオンサインできらびやかな外観だったからです。

中に入ると開けた大きなサロン部屋があるものの、高級感はなく古臭く床は傷がたくさんつき従業員もパッとしない感じでした。受付で出迎えたのは今日担当するマッサージ師の人。50代くらいのおばちゃんでした。簡単な書類を記入し、マッサージ部屋に案内されました。ベッドは暖める機能もなく、部屋は寒い・・・。毛布をあとからかけてくれたものの、こんな冷え冷えしたマッサージは初めてでした。

そして驚くべきことがもう一つ。彼女は震える病気を持っているみたいで「マッサージ最中に手が震えるけどいい?」と聞かれました。ありえない!と思いつつ今更断ることもできないので仕方なく承諾しマッサージ開始。確かに震えてました。マッサージすると共に振動がきます・・。一応ちゃんとチップは払ったものの二度と来ない!と思ったマッサージでした。