前回日本に帰った際、大学生のときに好きだった歌手のベストアルバムをTSUTAYAで借りてダビングしました。ちょうど留学中に友人がその歌手のMDを送ってくれて当時は日本の曲があまり聴けない状況だったのでそのMDを何回も聴いたものでした。ベストアルバムにはそのMDに収録された曲も多数入っており、とても懐かしい気持ちになりました。

2枚組のCDは後半になるとどちらも知らない曲で車の中で聴いていました。そこでメロディーが大好きな曲を見つけました。車の中で音楽を聴いているとイヤホンで聴いているわけではなく、歌が耳に入って来ないのでちゃんと意識しないと歌詞が把握できません。何回もメロディーを満喫した後、ちゃんと歌詞を聴こうと思い、大音量にしました。ところどころ聞こえた歌詞だとどうやらラブソング、仲のいいカップルがテーマのような曲でした。

しかしちゃんと歌詞を聴いてみてびっくり。なんと浮気もしかしたら不倫の曲でした。そのときの衝撃といったら、言葉になりません。メロディーが大好きで何回も満喫していた曲がよく聴いてみたら実は不倫の歌だったなんて・・・。歌詞には「全てを捨てる覚悟はできている」「それぞれつけた指輪が切ない」「誰も邪魔できない二人の場所へ行こう」等、結構絶望的な歌詞が満載でした。この曲に限らずメロディーが好きなんだけど、歌詞はとても嫌いという歌が結構あります。歌を作る側からすればネタが切れるのでしょうが、私はハッピーなラブソングが好きです。