多頭飼い

ある情報紙に犬の多頭飼いの記事が書いてありました。その記事には多頭飼いの長所と欠点がいくつか挙げられていました。

長所は犬に遊び相手ができる、老犬に相性の合う犬を加えると元気になることがある等でした。実際に祖母の犬は老犬でヨロヨロしていたのに、若い犬が加わったら息を吹き返したかのように一緒に駆け回っていました。反して欠点は、ドッグフード代、医療費、維持費等のお金がかかる、飼い主の負担が増える、相性のいい犬を探すのは慎重にやらなければいけない等で欠点の方が多かったです。

我が家にも犬が3匹います。もともと一匹のチワワでした。しかしその子が私とダンナが外出中に置いてけぼりにされると閉じ込められていた部屋から出たくて床をガリガリ掘り、床も爪も傷だらけになったために遊び相手をもう一匹飼うことにしました。外見もそっくりなチワワ。赤ちゃんのときに連れてきてもともと飼ってた犬が成長を見届けました。そのせいもあって二匹はよく遊ぶし、2匹目が来たことで1匹目の床ガリガリもなくなり、健全な生活になりました。

その後ひょんなことから3匹目を飼うことに。3匹目は中型犬で大きいからすっかり主導権を握っています。それでも3匹仲良くしているしいいコンビだと思います。確かに多頭飼いをすると出費が多くなります。飼い主の負担も増えます。でも犬は一匹でいるよりも相手がいた方が健全な生活ができると私は思います。3匹はさすがに多いですが2匹がベストだと思います。