スープ温泉

箱根のユネッサンにコーンスープの香りのする温泉が一時的にオープンしたらしいです。3月にガリガリ君コーンポタージュ味が発売再開したのを記念に企画されたみたいです。スープの香りのする特注の入浴剤の他に1日4回本物のコーンポタージュも入れるとのこと。スープにつかっているような不思議な感じが売りのようです。

このニュースを初めて聞いたときの感想・・・正直気持ち悪い!コーンポタージュに入るなんて気持ち悪いです。ミルク風呂はまだ大丈夫だけど、ポタージュはちょっと抵抗があります。ガリガリ君のポタージュ味も帰国している間、父が面白がって話のタネに買ってきてくれましたが一口食べて十分でした。もういいと言って父に食べさせました・・・。ちゃんとコーンポタージュの味がするのに食感はガリガリ君・・・不思議で私には気持ち悪かったです。。超冷製スープと思えばいいのかもしれませんが、私はもともとひと味違ったものが嫌いです。冷製スープとか食べ物の味のお菓子等。スープは温かいものであって、どうして冷たくする必要があるのか分かりません。食べ物をどうしてお菓子の味付けにするのか分かりません。それと同じでコーンポタージュをアイスにするなんて私には気持ち悪いです。

もしユネッサンに入ったら一瞬だけそのポタージュ風呂に入るかもしれませんが、すぐに出て体をよく洗い流すと思います。そういったお風呂のアイディアがよく浮かぶな〜と少し感心します。