Iron Man 3 〜アイアンマン〜

Iron man 3を観ました。日本ではどれほど期待されていたのか分かりませんが、アメリカではかなりの「待ってました!!」的作品として注目されていました。我が家も一家でアイアンマンが好きなので公開された次の日ぐらいに一家で観にいきました。それよりも一足先に観た義姉の感想はまあまあとのことだったのであまり期待しないでおこうと思いつつ観ました。

結果・・・面白かったです。私は好きでした。ロバート・ダウニー・ジュニアをアイアンマンを観て以来好きになったので多少つまらなくても彼が観れれば私は満足なのです。でもそれでなくても3作目にしては期待を裏切らず、ちゃんとしたストーリーがあったし、アクションもど派手で観た甲斐がありました。

義姉が言っていた通り、途中ちょっとゆっくりになりましたが我が家の子供達は文句を言わずに見通しました。1番のみどころは最後のアクション。主人公トニーが作り置きしていたアイアンマン達が一斉に悪を相手に戦うシーン。次から次へとアイアンマンが所狭しと飛んで来て戦います。その戦いの最中にグゥィネスが高所から落ち、死んだように見せかけるものの、パワーを持って復活します。他にもトニーを支える少年、トニーの家が攻撃されてこっぱ微塵になるシーン等色々見所があります。

最後にトニーは人工心臓を取り除き、普通の人間に戻ります。それがシリーズの完結を意味するのか分かりません。そこで終わって欲しいような終わって欲しくないような複雑な気持ちです。