食事の時間

フェースブックで「いいね!」をしてフォローしている、食べ物に気を使っているグループがこんな投稿をしました。

「60年前の平均食事時間は90分だったのに大して現在は平均12分、食事の時間を見直して有意義な食事をするように心がけましょう」と。すごい違いですね。色々な要因が考えられますが、何よりも生活の多忙化が主要因だと思います。例えば4人家族を想定して、お父さんは不規則な時間の仕事、お母さんはパート、子供達は習い事もしくは行事があるとしてそれぞれに忙しく食事に時間をかけている時間なんてないのでしょう。だから12分。ぱーっと食べて終了。

比べられている60年前はお父さんは定時に帰宅、お母さんは専業主婦、子供達は学校から帰ったら家事を手伝ったりして家に停まる、そういった生活で食事はゆっくり時間をかけてし、家族団らんの時間だったのでしょう。そのため90分という時間がかけられたのです。

我が家はそれぞれ忙しいわけではありませんが、食事はやはりあっという間に終わります。というのも子供達がさっさと食べてしまうからです。特に息子は急がないといけないわけでもないのにさーっと食べて食事を終えます。ダンナも職業柄のせいかあっという間に食べます。私が座る頃には食事を終えていることが多々あります。90分も食事をする自信はありませんが、今後できるだけ長く、ゆっくりと食事をするように意識したいと思います。