1番好きな時間

前回の「食事にかける時間」について考えているうちに思い出したことがありました。それは小学生のときにしたスピーチ。確か低学年の頃でした。「あなたの1番好きな時間」というテーマでスピーチを書きそれをみんなの前でみんな発表しました。そのときの私の書いた内容、「私の好きな時間は家族全員揃って食事をする時間」でした。家族全員といっても3人なのですが、私は色々習い事をしていたし、母も遅くまで仕事をしていたため3人でそろって夕食をする時間はあまりありませんでした。そのためスピーチで発表した内容がそのようになりました。

このスピーチは反響を及びました。なんせ小学生の女の子が自分の好きな時間は家族で一緒に食事をする時間というのですから。よっぽどかわいそうな子だなと思われたかもしれません。でも当時の私は素直にその時間が尊かったのです。今思えば我ながらうまく人情にくる点を書いたなと思います。クラスメイトに内容を少し変えてかなりマネされました。私の好きな時間は家族で出かける時間、僕の好きな時間は家族で映画を観る時間等。

母がこのスピーチを読んだか分かりません。でももし私が母の立場だったらできるだけ食事の機会を増やそうと思ったと思います。我が家はダンナがほとんどいない生活です。幸運なことにそれでも4人います。それなのでダンナ以外でする食事を有意義なものに、ダンナとする食事はさらに有意義なものにするよう努めたいと思います。