停電2013

毎夏必ず一回は停電する気がします。今年も停電しました。それは散々雨と雷が鳴った嵐の晩、来るか来るかと思っていたら案の定停電しました。もう寝る時間で子供達が怖がったのでその日は仕方なく全員で私たちのクイーンベッドで川の字就寝。枕元に懐中電灯を置いて、トイレを流してはいけないこと、水を使ってはいけない旨を教えて寝ました。ケータイは幸いなことにほぼ充電されていましたが、朝までにはるかに電池を消耗していました。使ってないのになぜそんなに電池を食うのだろうと思いました。

その晩は暑くもなく、寒くもなく空調がなくても比較的快適に寝ることができました。ベッドが混みあっていること以外は・・・。朝目覚めて即座に目覚まし時計を見ました。ベッドルームの中でそれが1番電気があることを確認することのできる物だからです。しかし期待も空しく目覚まし時計は消えたままです。ため息をついて真っ暗なバスルームに懐中電灯を持って行きトイレを済ませます。流すことができないのでせめて蓋だけでも閉めます。

その日はちょうど午後から用事があったので子供達をさっさと起こし、出かける準備をし家から避難。おいしい朝食屋に行き、優雅に朝食を食べました。そのまま午後の用事へ。用事が4時頃終わったものの、義母によるとまだ停電しているとのことなので無駄にブラブラしました。そうしているうちに義母から「停電が直った」と連絡が入ったので待ってました!といわんばかりに家に帰ってきました。