One in the Chamber

映画One in the Chamberを観ました。邦題はないみたいです。キューバ・カニング・ジュニア主演です。DVDで借りるまで聞いたこともなかったし、期待はしていなかったのですが、思いのほか良かったです。

ストーリーはキューバ・カニング・ジュニア扮するスナイパーの話。彼が昔、ある男を殺害した際、その男の娘に目撃されました。その娘に引け目を感じたキューバは彼の成長をこっそり見守ります。彼女は父が殺害された国から離れますが、キューバも彼女を追います。

ある日、キューバはあるマフィアから敵対するマフィアのボスを殺すように頼まれ、その仕事をこなします。しかしそのマフィアのボスの弟が生き残り、今度はその生き残った弟がキューバを雇って仕事を依頼したマフィアのボスを殺そうとします。最初のマフィアは新たにスナイパーを雇い、スナイパー同士の戦いが始まります。結局キューバが上手に出て、もう一人のスナイパーを殺す機会を得ますが殺すことはせず逃がします。その後キューバがピンチに陥ることになるのですが、その際に逃がしたスナイパーがキューバを助けます。両マフィアのボスは結局死にます。

その合間にキューバが見守っていた娘がキューバが誰なのか知らないまま彼と仲良くなり、接近しますが彼の持ち物を見て自分の父親を殺した人物だってことが分かり逃げ出します。結局彼女はまた違う国に引っ越しますが、キューバはやはり彼女を追いかけます。

ちょっとストーカーっぽい点が嫌でしたが、まあまあの作品でした。