迷い犬

昨日我が家の敷地内に隣人の犬がやってきました。隣人といってもどの隣人も歩いて5分の距離なので特に近所付き合いはなく、誰がどんな犬を飼っているか把握していません。それなのでどの隣人の犬か分かりませんが、ひょこひょこ歩いてやって来たぐらいだから隣人のどれかに決まっています。その犬は人懐っこいけど中型から大型サイズ。立ったら長女より背が高いです。我が家の敷地には義父のブルーベリー畑もあり色んな機械があったり動物が入ってはいけない区域があるます。たまたま作業で畑に来ていた義父がその犬を発見しました。アニマルコントロールを呼んで欲しいか聞かれたので迷ったあげく呼んでもらうことにしました。アニマルコントロールとは動物やペットに関する問題が生じたときに呼ぶ警察の一部です。

この犬に限っては人懐っこいからいいけど、人懐っこいからといって隣人の犬をどれでも入っていいようにしてしまったら凶暴な犬が現れたとき我が子達の身に何か起こったら困るというのが理由でした。実際春には我が家の犬が隣人の犬に噛まれて大けがを負いました。義父は私と同じ理由、さらには畑の経営者として余計な動物は敷地内には来て欲しくないとのことでアニマルコントロールを呼びました。

20分ぐらいしてアニマルコントロールが来ました。事情を説明してその迷い犬を預かってもらいました。その後その警察官は隣人の家を回って犬を返し、ちょっとした説教をすると言っていました。これを機に放し飼いをやめてくれるといいのですが・・。