Ten Ten

今日は女友達二人と新しい中華ビュッフェへ行ってみました。そのビュッフェレストランの存在を知ったのは数週間前。滅多に行かない地域をたまたま車で通りかかったら目にしたので家に帰ってからネットで検索してみました。ダンナは中華はあまり好きではないのでいつもランチを一緒にする女友達を誘って行ってみることにしました。

ネットでの評判はかなり良かったです。値段の割においしい食べ物がたくさんある、新しい店舗なので内装がキレイ、また行きたい等と良いレビューしかなかったのでかなり期待していました。結果・・・まあまあ。期待しすぎました。品揃えは確かに多く、内装もキレイでした。ただ味は感激するほど美味しいわけでもなく普通でした。友人は食べ物がぬるいことに怒っていました。私はそこまで空腹で行ったわけではないのでそれもあってあまり食べることができませんでした。

食べ物は色々な味のチキン、ビーフ、ワンタン、ごま団子等普通の中華ビュッフェと同じでした。この店は個人経営らしいのですが、アメリカ人が食べる中華は所詮種類や好みが決まっているため他のチェーンの中華ビュッフェとあまり変わらない気がしました。

値段は税金を含めて10ドル少し。おそらくランチの方が安いのでまた行くとしたら安いランチのときでいいかなと思います。食事はさておき久々に再会した女友達とのおしゃべりは有意義なものでした。そのため楽しいディナーだったことにします。