新しいケータイケース

最近ケータイの電池消耗がとても早く、一日に何回も充電する日が増えていました。寝る前に50%あった電池も何もしないで寝ている間に朝には電池切れになっていました。その様子を見ていたダンナが電池内蔵のケータイケースを買ってみたら?というので少し検索してみました。どうやら上司が電池内蔵ケースを持っていて愛用しているらしいです。

ちょうどグルーポンで私のケータイ用の電池内蔵ケースが販売されていて、割と性能が良さそうだったのでダンナに相談したところ、値段の割にいいんじゃない?というので買ってみることにしました。まず一つ買えばいいやと思ったのですが、ダンナはいくつか買った方がいいというので結局3個買いました。ダンナはいつもそうやって念のため、予備のため多く買う主義です。返品は無料だったので3個も買う必要はないと思いつつ、ダンナを満足させるために3個買いました。

そのケースが先日届き早速開けてみました。電池内蔵ケースがどういう仕組みで働くのかよく分からなかったのですが、ケースを電話に取り付け、今までのように電話本体ではなくケースを充電する形になります。ケース自体にも電源がついていて必要がないときは消しておいて、本体の電池が少なくなってきたらケースの電源を入れると電話が充電される形になっています。充電する際はケースだけ、もしくはケースとケータイの本体の両方を充電することができます。

このケースに変えてからケータイの寿命が2倍長くなりました。