トマトカレー

畑で穫れたトマトを義祖母から大量にもらい、その使用方法に困っていました。サラダにして食べるのも食べ飽きたし、子供達はそこまでトマトを好きではないし、トマトってそんなに大量消費できるものではないので色々レシピを検索してもピンと来ないで困っていました。そんなときたまたま見かけた一つのレシピがトマトカレー。簡単そうでしたし、材料も全てあったので早速作ってみました。

まずタマネギを炒めてそれから肉を加えて炒めます。レシピは豚肉でしたがアメリカでは豚肉はあまり手に入らないので鶏肉を使いました。他にもにんじんやコーン等の好みの野菜を加え一通り炒めたら調味料を加えます。それを一混ぜしたら湯むきして一口大に切ったトマトを加えます。このレシピの独特なところはカレールーを使う代わりにカレー粉を使う点、それから水分はまったく入れず、全てトマトの水分でカレーができあがる点です。そのためトマトの栄養がたっぷり入ったヘルシーなカレーです。できあがって期待して味見した一口・・・・辛い!!もともと辛いものは苦手なので、全く食べられません。ごはんと食べたら大丈夫かもしれないと思って食べてみましたが、それでも辛いです。子供達はもちろん食べてくれず、伊藤家の食卓で採用されたというインスタントのポタージュの粉を入れると辛くなくなるという方法を試すもそれでもまだ辛い。思えばカレー粉を大さじ6入れると読んだときに多すぎるのではないか?と思ったのでした。その時点で味見して少しづつ加えれば良かったと後悔したのでした・・・。