停電・秋編(続き)

義両親の家に泊まることが決まって子供達は大喜び。同じく停電中の義姉家族も一緒に泊まる事になりました。そのためいっきに大人5人、子供5人の大家族になりました。なんだかイベントのようで私も少しウキウキしました。何回か家に戻って電気が戻ったか確認しましたがついにその晩は戻りませんでした。

大家族の母となった義母ははりきって夕食を作り始めました。義母もみんなが泊まりに来て困るというよりは、嬉しい様子でした。義姉家族は発電機を買いに出かけたので夕食はバラバラに食べました。どこもかしこも発電機は売り切れだったそうです。みんな考える事が同じみたいです。

夕食後子供達はみんなでお風呂に入りました。そんなことは滅多にないのでみんな大はしゃぎ。5人でかなり狭いだろうにそんなことお構いなしです。それから寝る支度をしてそれぞれのベッドルームで寝ました。発電機で電気をつけるため夜中暑くなるのか寒くなるのか分からなかったのでフリースのパジャマを持っていったのですが、大失敗でした。途中で停電が直り暖房がガンガンについたため、汗をかくほどでした。おまけに初めて泊まる義母の家そして家族4人でクイーンベッドをシェアすることにとまどった末っ子が夜中何回も起きて全く寝た気がしませんでした。

結局我が家の停電が直ったのは昼の1時頃。約36時間の停電でした。電気が回復した我が家に戻って思ったこと、狭くて散らかってるけれどもやはり我が家が1番。そして電気のありがたみが分かりました。