洗車

アメリカでは洗車をする場合、たいていの人がカーウォッシュに行くと思います。人が手作業でやってくれるところもありますが、最近の主流は全自動タイプです。全自動タイプでも2種類あって、車がゆっくり動いて洗剤をかける部分、スポンジで洗う部分、流す部分等を通っていく通過型タイプと一カ所に止まって機械が何回も車の周りを往復して洗う部分から乾燥させる部分までやるタイプがあります。ダンナは通過型タイプが好きなのでたいてい通過型に行くため、私もそれに慣れて通過型に行くようにしています。

今日も行ってきました。ここ最近降った雪の除雪のための塩や泥が混じって車がとても汚れていたからです。子供達もカーウォッシュは好きなので行くといつも喜びます。まず洗剤をかけられ昆布のような大きなスポンジでゴシゴシ車体を洗い、ゆすいでワックスをかけて乾燥して終わり。ピカピカになってスッキリしました。

日本での洗車は自分でやるイメージがあります。車を持つ人はほとんどが車が大事で大事で仕方ない、だから自分で用具を揃えて隅々までキレイにするといった感じです。そのため結婚当初は車が汚れる度にカーウォッシュに行くダンナが理解できませんでした。自分で洗えばお金もかからないし、十分キレイになるのに、と。車を洗う事ぐらい面倒くさがらないで欲しいとも思いました。しかし今は私もカーウォッシュに慣れ、子育てで忙しいのもあって車を自分で洗おうとは全く思いません。慣れってこわいなと思います。