マクドナルドの肉事件

マクドナルドの肉が問題になっていますね。アメリカでもそのニュースが流れています。アメリカのマクドナルドの肉は大丈夫なのでしょうか?今のところ何事もなかったかのように普通に営業しています。日本のマクドナルドがどうなのかは分かりませんが、アメリカのマクドナルドのチキンナゲットはかさを少しでも増やすために鶏の骨や臓器等も全部すりつぶして作られたペーストをナゲットの形に固めて製造しているという記事を読みました。それを知ってしばらくはチキンナゲットを買いませんでした。子供がどうしてもというときにしか買いません。自分では食べようと思いません。 子供の残したナゲットをひとくち食べましたが確かにその肉は鶏肉の形式が全くなく、味も気持ち悪いです。何よりも鶏肉をすりつぶしたペーストの写真が鮮明に残っていて脳が食べたがらないのだと思います。

他にもアメリカで頻繁に食べるホットドッグ。日本でいうウィンナーやソーセージとは少し違います。見るからに怪しい不思議なピンク色で味は正直まあまあおいしいものもありますがたいていは変な食感がします。そのホットドッグの製造写真を見てこれまた引きました。ピンクのスライム状のものが工場で大量に生産されていました。確かにそのスライムを固めるとホットドッグになりそうです。それを見て吐き気がしました。そしてホットドッグを頻繁に食べると体に影響が出ると読みました。それなので我が家では滅多に食べないようにしています。

おいしそうに見えるものも製造過程を知ったら食べる気を失う食べ物はまだまだありそうです。