ヘラクレス

Dwayne The Rock Johnsonの新作「ヘラクレス」を観ました。感想・・・なんだかとってもチープな映画でした。何がチープかというと台詞の言い回しだったり、演出がクサい点が多数あったからです。私はDwayne Johnsonが好きなので彼が主演という点で飽きずに観ましたが、これがどうでもいい俳優だったら見終えることができなかったと思います。ニコール・キッドマンにとても似ている女優も出ています。

ストーリーはヘラクレスの原作からかなりかけ離れたものでした。現代化されたというか、ヘラクレスに奥さんと子供ができてでもその家族を王に殺され、最終的に復讐をするという内容でした。それまでに任務を告げられ、敵と闘うけど、実は本当の敵は任務を告げた王だったりします。戦闘シーンはまあまあ迫力がありましたがそれでもやはりB級でした。家族が王に殺されたという事実は最後まで明かされず、周囲や本人はヘラクレス本人が家族を殺したものだと思い込まされていました。最後はその復讐を終え、ヘラクレスがヒーローになります。そのシーンもヘラクレスと仲間が後光を浴びながら宮殿の人を見下ろすというクサい演出でした。

長男は別の機会にこの作品をダンナと観ました。頭が3つあるオオカミが登場するのが怖かったらしく、夢にも出て来たみたいです。このオオカミは本当はヘラクレスの想像上の動物なのですがそれが7歳の長男には分からなかったみたいです。
一回観ただけで十分な作品です。もう二度と観る事はないと思います。