通訳の仕事〜最終日〜

いよいよ最終日。いつものごとく5時半に起きて仕事の準備をしました。この日に限っては荷造りをして、チェックアウトをしました。それでも6時過ぎにはホテルを出発しました。仕事会場の駐車場のお姉さんともすっかり顔なじみです。「今日で最後なの、仕事終わったら家族の元に戻れるわ〜」と世間話をしつつ、いつもの駐車場所に車を停めます。それから上にあがって前夜買ったスコーンを食べながらまたパソコンで作業をします。そうしているうちにこれまた顔なじみになった警備員のおじさんがやってきて「一緒に座って朝ご飯を食べていいか」と聞いてきたので承諾しておじさんと会話をしました。おじさんは私が実年齢よりはるかに若いと思っていたらしく結婚して子供が3人いると言ったらとてもびっくりしていました。そのおじさんの人生話もなかなか興味深く聞きました。

そして朝礼の時間になったのでいつもの仕事場に行き、4日目の仕事を始めました。最終日ともなると来場者の数もだいぶ減り、主催者も片付けモードでいっぱいです。もともと3時間だけの開場ですし、みんながゆるい雰囲気で時間が過ぎるのを待っていた様子でした。私はいつものごとくもう一人の子と世間話をしていました。他のブースの日本人3人とも仲良くなったので彼女達が暇そうなときは彼女達の方にも顔を出しました。

そして午後12時。ついに4日間の会議が終了。私は片付けをしなくていいのでみんなに挨拶をして会議場を出ました。