新学期

4月に入り、長男と長女が進級しました。長男は3年生に、長女は1年生に。長女は入学式がありました。日本では小学校の入学式は大イベントなので規模は小さくてもアメリカでも入学式に参加できて良かったと思います。アメリカに住んでいる日本人でもちゃんとランドセルを買って登校する子もいるのですが、我が家は何年通うか分からない、そのうえ高いためランドセルは特に買いません。だからリュックで登校させています。

入学式は一応正装します。私はスーツ、長女は黒地に白いストライプの入ったノースリーブのワンピースに白のボレロを着せました。長女は滅多にさせてもらえない正装に興奮していました。今年から文部省から派遣された校長先生がいないため、肩書きだけのボランティア校長先生のお話を聞きました。新たな担任の先生は昨年の1年生と同じ先生で若いハキハキした女性の先生です。教育熱心でいい先生なのでほっとしました。入学式は1時間弱で終わり、普段着に着替えて早速授業が始まります。年長のときは机は先生を囲んで丸く、工作、お遊び中心でしたが、1年生になると先生は教壇に立ち、机も横に並んで一気に勉強モードです。

長男の先生も良さそうな女性の先生です。最初先生が確定するまではあまり好みじゃない先生かも・・・と心配していましたがその方は事務の方で担任の先生は良い先生で安心しました。先生によっては長男はすぐに学校を辞めることになるかもしれないと思っていましたが、もう少し頑張ってみようと思います。